新着Pick
375Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
教育というのは、「何かを伝えること」ではなくて「火を付ける」ことが本質とのこと。私はイノベーション創出関連の教育・メンター・コーチングを受ける機会が多いのですが、当たり前ですが、正しい答えやフレームワークなんて無いんですよね。如何に今の思考を柔軟にピポッドし続けるかが肝だったりします。これに当てはめて考えると、イノーベーション創出に関しても、「こうすれば良いんだよ」と伝えることにはあまり意味はなく、「なにくそ、これならどうだ。次はこうだ」と思わせることが大事なのかと思います。その上で、解説されている以下の3つのポイントですが、

[1] 魂に火を付ける。
[2] 自分の刺客を作る。刺客を育てるよう自分の弱みや強みも全部さらけ出すこと
[3] その刺客に負けない。

上記3つの循環を作れたら、教えてあげる側は無敵ですよね。この様な好循環の世界を作るのは、理想形の一つかと思います。
密かに大ファンの濱口秀司さん。こちらは即買いします。
https://www.amazon.co.jp/o/ASIN/B07SRGWGK2/booksonlinep-22/
-----
[1] 魂に火を付ける。
[2] 自分の刺客を作る。刺客を育てるよう自分の弱みや強みも全部さらけ出すこと
[3] その刺客に負けない。
濱口さんにコンサルを依頼していた企業の方から、どんなアイデアも否定せず特徴を抽出し組み合わせたりする考え方が見事だと聞いています。
高額のフィ以上の価値を提供し続けらるには理由があるようですね。
型破りなことをするには、最初に型を知らないといけない

イノベーションを再現性もってだしつづけられてる
濱口秀司さんの教育な話
この本質的なことをはっとする形で語り
読んだあとではものの見方がかわってしまうこの記事自体が教育法
ジョブズに対する捉え方など、ご自身の言葉で説明されてるのが印象的。いわゆる一般的な風潮に流されないというか。

周囲の事象をとことんまで自分の頭で考えることが大切ですね。ぜひ読みたい論文集です。
ついに濱口さんの本が!散々本は書かないと言ってたのに!

業績

業績