新着Pick
788Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
これだけ注目されると、株主総会すらも世間から見ればエンターテイメントショー。前澤さんはZOZO SUIT 構想で会社の経営難易度を上げた。さらにプライベートでもメディアから注目を集めることにより、さらにそれを上げた。
リクルートでは創業者の江副さんが「自ら機会を作り出して、機会によって自らを変えよ」という言葉を社訓として掲げていた。僕は、「自らが様々な機会を作り、そこで発生した課題を乗り越えるべく、柔軟に自らを変え、しなやかに成長し、必ず課題を克服するのが優秀な人材である」ということだと解釈していた。前澤さんは今まさにこんな感じがする。来年の株主総会が楽しみだ。
営業利益300億円稼げるプラットフォームは早々ない。
この事実をアパレル業界は直視しなければ利益の機会を
失う事になる。ZOZOは世界で最も成功しているアパレル特化のプラットフォームである。前澤さんを応援したい。
「慎重に」という言葉を何度もなんども言っていた前澤社長。よほどスーツの失敗から学んだのでしょうか。今後、どうやって成長軌道に戻すのか、中国を成功させるのか、引き続き注目していきたいです。

あと、株主総会では、厳しい質問も出ましたが、最後はエールを送る株主。アットホームは雰囲気は、この会社の財産なのだろうなと思いました。
1億円のお年玉効果に疑問が呈されていますが、500万人のリーチを獲得というのは、驚異的に効率が良いマーケティングと思います。1億円ではテレビCMすら打てないですし、一過性のCMと違いフォロワーは資産になり継続的に発信できる。タイトルは「背水」と過激ですが、Zozosuitがコケただけですし、こういう失敗を怖がってると永遠に新規事業が生まれません。
ZOZOSUITへのチャレンジが、これからのZOZOを強くするのだと思います。
株主の皆様からも期待と応援が感じられるのは、前澤さんやZOZOを信じてるから。
信じてもらえる応援者や仲間をつくれるのは経営者として何にも変えがたい素質だと思います。
「慎重に」と繰り返したとのことですが、ZOZOMATや中国展開など引き続き攻めててよいと思いますし、少なくとも外に対してはしおらしくすることで世間やメディアと無用な軋轢を生まないための「処世術」を身に付けてきているということなら、とてもいいことだな、と思います。
ZOZOMATには期待したい
前澤さんのようにチャレンジしつつ、次は何をされるんだろうというワクワクを提供できる起業家は少ないですよね。少なくとも僕はZOZOの次が楽しみです。あとは社員の方々の中の声、この1年のインナーコミュニケーションなどがどうなのかは聞いてみたいところ。
ZOZOSUITは1000円くらいのコストをかけて製造していましたので、それがまず大きな違いです。
ZOZOMATは、紙に印刷したものなので、コストは数十円。ご自宅で印刷していただくこともできますし、少しツイッターでも話しましたが、新聞の広告としてZOZOMATを出すことも可能です。
タイトルが若干アオり気味で、教訓というほど大した内容の記事ではないけれど、企業の規模を問わず、失敗ほど大きな学習機会はない。

そもそもそこで止まるつもりがない一歩ならば、踏み出さない理由はない。その一歩の成否に関わらず、結局次の一歩を踏むのだから。そこの精度をあげて進む、成長し続けることこそが言わば資本主義のひとつの本質である。

大企業との違いとして、スタートアップは進むにあたって失敗すると死ぬときもあるけれど、まぁそれでも進むのじゃ。リスクを取らないで進まないことで、総資産より時価総額が低い状態で塩漬けになったりするよりよっぽどいい。社長が2年任期とかで失敗しないことの優先順位が高い状況とかになると、そうなるのも分かる気はするが。
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。
株式会社スタートトゥデイは、アパレルのオンラインショッピングサイト、ZOZOTOWN(ゾゾタウン)を運営する日本の企業である。 ウィキペディア
時価総額
5,809 億円

業績

幕張メッセ(まくはりメッセ、Makuhari Messe)は、千葉県千葉市美浜区にある大型の会議・展示施設。また、株式会社幕張メッセはこれを運営する企業である。 ウィキペディア

業績