新着Pick
135Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
1000機以上のCRJシリーズの保守事業が大きいだろうし,CRJの後継としてM100を出していくのだろう.顧客のためにアビオとかの設計はCRJに寄せていくのか.590億円はMRJ90の10数機分の売上.
そういえば,90年代のグローバル・エクスプレス開発では三菱重工はボンバルディアと共同で進めていたし,結びつきは強かったはず.MRJの本格化で距離を置くようになったが.
三菱重工のMRJあらためスペースジェットが、世界第3位のカナダ🇨🇦航空機メーカー ボンバルディアの小型機事業(CRJシリーズ)の事業買収を、実質5.7億ドル(約610億円)で合意したという大きな報道。ただし、CRJシリーズはすでに2020年の受注機体を納入後、新規受注や製造は予定がなく、製造停止するという。ん?どういうことだ? 三菱重工がスペースジェットを事業化拡販するに当たり、競合最大手の機体を買ってしまってラインナップを増やすのかと思いきや、CRJシリーズは現在赤字事業で生産停止が予定されていたもの。それをわざわざ買う意図は、1991年の初納入以来累計1781機が空を飛んでいる大人気ラインナップ機種で、米国を中心にその販売網やアフターメンテナンス網が確立しています。また、アフターメンテナンスではおそらくAppleCareのような定期保証プログラムもあるでしょう。CRJは、Canada Regional Jetの略で、まさにカナダ製のリージョナルジェット機(飛行距離2000km〜3000kmと、比較的短い、国内、隣国移動専用機)として、大型プロペラ機に対抗して開発されたヒットしたリージョナルジェット。三菱重工も、MRJ Mitsubishi Regional Jet という名称で長らく開発をしてきて、まさに「ど競合」製品と言えます。その観点では販売網、特にメンテナンス網をそのまま引き継ぐ、ということは、既存の同型リージョナルジェットを運用してる世界中のエアラインが自動的に深い関係性を持つ顧客になり、ある意味「メーカーは変わりますが、新機種です!同じメンテナンス体制や保守プログラムで順次、スペースジェットに切り替えられますよ」という提案ができるようになる、ということか。そのためにこれだけの巨額買収して、新規受注や事業のない、アフターメンテナンス部分のみをわざわざ吸収するという戦略なのだろうか。三菱重工は、元々以前、ボンバルディアCRJの機体やエンジン周りの開発を受注していた開発パートナーで、ボーイング787の開発パートナーになる前までは協業してました。しかし、2018年秋にボンバルディア開発機密情報を三菱重工がスパイさせたと訴訟される事件もあり関係性が悪化していたはずなのに、ある意味逆転劇の着地は、ドラマにできそうな交渉過程があったに違いない。
意向は報道されていたが、合意。実質はCRJ事業を買収するというより保守網を買収する形。製造はBombardierに残り、現在の受注残を納入後に2020年後半に終了予定とある。
現金5.5億ドル、債務2億ドル引き受けと、信託プログラム1.8億ドル継承。ネットで5.7億ドルの価値の買収となる(信用保証などの関連債務はBombardierに残る)。
取得する事業セグメントは2018年12月期の売上は17.6億ドル(約2000億円)、EBIT-7.6億ドル(約-800億円)。ただし売上は上記のように今後生産終了でなくなるのと、これは当該事業セグメントで、三菱重工が買収する事業だけのものではなく、去年Airbusに過半を売却したCシリーズ(現A220)関連の損失も含まれそれが約6.2億ドル。
保守・メンテナンスの実際の売上がどれだけなのかがそういう意味で分からないが、加えて早くにMRJ改めスペースジェットについて型式取得して拡販できるかによって、このメンテ網の稼働率が変わる。

開示:https://www.mhi.com/jp/news/story/190625.html
初報:https://newspicks.com/news/3951617
ボンバルディアのリージョナルジェット事業取得の報道がはじめて出たとき、三菱スペースジェット(MRJ)の開発にどのような影響が出るのかが気になっていました。

プレスリリースでは「三菱重工業の既存の商業航空機事業、特に、三菱スペースジェットファミリーの開発、製造、販売およびカスタマーサポート機能を補完するものであり、ひいては三菱重工業の将来の成長につながるものです。」と書かれており、ボンバルディア社の持つノウハウを吸収し、MRJを各航空会社に納入するという、次なるステージに駆け上がるための重要施策であることが鮮明に打ち出されており、いま抱えている課題を絶対に乗り越える!という強い意気込みを感じました。

非常に楽しみです。
三菱重工のボンバルディア買収が決まったようです。
プレスリリース(三菱重工)はこちら
https://www.mhi.com/jp/news/story/190625.html
【三菱重、加ボンバルの小型ジェット機事業買収で交渉 MRJ強化】
https://newspicks.com/news/3951617
今度こそ三菱の飛行機は空を飛ぶだろうね。
アメリカはこれ以上三菱を虐めることもできなくなるね。
三菱航空機をボンバルディアと統合させて、スペースジェットはなかったことになるのか、むしろスペースジェットが伸びるのか気になる。スペースジェットの開発遅れが、巻き返せると期待してます!
競合を取り込んで、販路が拡大しますね!
三菱重工の航空機部門が期待されますね!
なんか罠がありそうな
自社開発に拘らず、初めか買っとけば良かったですね。
ボンバルディア(Bombardier Inc. [bɔ̃baʁdje] [bɒmˈbɑrdiˌeɪ])は、カナダのケベック州モントリオールを本部とする重工業を主たる業務とするコングロマリット企業。鉄道車両や航空機、スノーモービル等の車両製造から運行制御システム等の保安設備まで幅広く製造しており、鉄道部門では世界最大の生産設備を保有、民間航空機部門では世界第三位。 ウィキペディア

業績

三菱重工業株式会社(みつびしじゅうこうぎょう、英語: Mitsubishi Heavy Industries, Ltd.)は、三菱グループの三菱金曜会及び三菱広報委員会に属する日本の企業。 ウィキペディア
時価総額
1.46 兆円

業績