新着Pick
54Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これはもう、以前弥藤さんがおっしゃっていたような、バスや鉄道での厳しさをそのまま紹介して意識の浸透を図るほかはないのではないでしょうか。
数々の飲酒運転とそれによる事故の実態、そして誤検知でも乗務禁止で、二回出たら査定にも響く、となれば、航空はちょっとくらいいいだろうとは誰も言わないでしょう。航空業界だけしか知らないと、そういうところまで想像力が働かないこともあるかも知れません。パイロットは、現時点では3回検査を行っており、それでも引っかかるとまずクビです。その上で航空法上の不利益処分(自動車でいえば免停に相当)など受けていれば処分終了後も国内航空会社ではまず採用されません。
数少ないパイロットをこれ以上減らさないためにも、きちんとした意識を浸透させる必要があります。
JALパイロットの飲酒、他山の石としたいと思います。
明確で良いのではないでしょうか。何かあったら大変なお仕事。ルールづくりが進むことは良いことだと思います。
中ジョッキ10杯②
時価総額
6,520 億円

業績