新着Pick

【1勝30敗】急成長ベンチャー3社に学ぶ「資本政策」の不都合な現実

NewsPicks Brand Design
706Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
「資本政策の理想と現実」というお題でインタビュー頂きました!

再度要約をすると、

①当社はシード・アーリーの時期にミッション・ビジョンに賭けて頂ける方に恵まれ、あるのは事業計画のみだったり開業してもまだペルーに投資をするファンドがあるだけという(当時の日本の一般の方からしたら)怪しい状況でもファイナンスをさせて頂けた(ここでみなし優先株式という仕組みを活用)

②第2の死の谷越えといわれる「シリーズB越え」を、またミッション・ビジョンに賭けていただける方にサポートを頂き、さらに状況に即したオーダーメイドCBも発行することでなんとか成し遂げることができたが、そういうやり方は明らかにもう最後にすべきだった

③ミドル・ステージにはいったところでプロCFOに参画してもらえ、それまでの全員野球での資本政策を、みんなでプロCFOに託すことで資金調達の状況は一変(本文には書いていませんが、CFOの坂本は売上管理、コスト管理の徹底や財務的な観点からみた経営戦略も行っており、CEOである私はプロダクトも含む事業や全体的な経営戦略、組織運営に専念できるようになりできることが劇的に変化した)

という3つのステージについてお話をさせて頂いています。
資本政策は後から修正が難しい(一度薄まったものは戻せない)不可逆なものなので、
会社立ち上げ後から綿密に計画する必要があります。
投資検討時、資本政策がキレイだと、それだけで安心感があります笑

調達額の大きさがニュースになりがちですが、
創業メンバーの持分比率をきちんと維持しつつ、
しかるべきタイミングで必要な額を調達していくことが重要です。
私の感覚だと、初期は頑張ってギリギリまで調達を我慢するほど、最終的にFounderが受け取れる利益は大きいように感じます。
資本政策に正解はないが間違いはある。これがすべてかなと思います。

述べ100社以上の資本政策を見てきましたが、本当に間違いをおかした起業家はベンチャー村から退場させられることもあるので、なにが間違ったかは表に出てきません。

ということで、メディアに出る資本政策の考え方はすべて正しい、もしくは今のところ正しいものばかりです。

仕事柄、ベンチャーファイナンスの闇もよく見るのですが、これは共有されるべき失敗例なのか、それともこのまま埋葬されるべきなのかはいつも悩ましいです。
ベンチャーのステージ別資金調達。資金調達で急成長ベンチャーを目指す起業家さん3社の実例。なんと無料ゼミもやるんですね。必見。
記事は、投資側にも読んでほしい。
弊社代表の杉山もインタビューに応じております。結論としてはプロCFOの存在と責任って大きいよね、というシンプルな話だったりしますが、創業当初からの資金調達の話は一連の流れとして興味深い仕上がりになっていると思います。
3社に共通するのは、初期から資本政策を緻密に考え抜いていることだと思いました。全てが想定通りにいかなかったとしても、最初からいろんなケースを考えていれば致命傷は避けられますね。

「資本政策は後戻りできない」というのはよく耳にする話ですが、起業初期はファイナンスの知識は無い事が多く、かつどうしても事業サイドに目が行きがちです。前職(DeNA)の元同僚から、「知り合いが出資してくれることになって起業を悩んでいる」という相談を数件受けた事があるのですが、ありえない条件を提示されており必死に止めました。

このような記事が多くなる事で、資本政策により致命傷を負うケースが減ると良いなと思います。
尊敬する起業家の一人、鹿野さんがファイナンスについて話しています。ソーシャルビジネスへの投資環境について本気で考えていて、株主との関係についてもとても真摯に向き合っています。Code for Japanが推進するSocial Technology Officerの考え方にも賛同してくれ、お会いするたびにとても勉強になります。
事業側と投資側で見えている情報量は圧倒的に違う。いかに一般化して伝えられるか。それを数字で示せるか。が鍵。
その数字を逆算して作りに行けるとかなり調達は楽になると思いますが、最初はそれが難しい。そして最初からそれをやると味気ないし、セクシーじゃない。
シリーズBくらいまでは、理念や社会意義、それを成すチームに投資してもらえた方が面白い会社出てきそうな気がします。
資本政策と事業戦略の関係性がわかる面白い記事!
資本政策とマーケティング戦略の連動性も読み解いていきたい!
情報が全て開示されているわけではないものの貴重なケーススタディ!