新着Pick
20Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ダウ+0.03%、S&P500-0.17%、NASDAQ-0.32%。
指数によってプラマイ混在、ただ日中ジワジワ値を下げていった。10年債利回りはー0.04pt低下の2.01%、ドル円はあまり変わらず107.35円。日経平均先物は現物との差を考えると-50円ほどの下落(今日が12月決算企業の6月末配当権利確定日)。
業種別には素材+0.45%、生活必需品+0.27%、テック+0.15%などがプラス。マイナスではエネルギーー0.93%、消費財ー0.51%、ヘルスケアー0.50%など。
個別ではEA +3.85%、Activision Blizzard +2.72%とゲーム系が強く、あとはWD +2.47%、Broadcom +1.78%など半導体も。あとはカジノのCeasers +14.51%(Eldrado Resortsが買収発表、Eldradoはー10.64%)。マイナスではBristol Myers Squibb -7.32%及びCelgene -5.50%(買収合意済みだが、当局承認を早めるために乾癬用薬の売却を発表、それでも当初は2019年3Qの予定だったのが2020年にずれ込み。)
米国株主要3指数はダウが反発、ナスダックとS&Pが続落とまちまち。相場全体としては先週末に続き駆け上がったところでの一服。利下げ期待を織り込んでさすがに少々息切れの感がありますが、6月はこのまま静かに終えるかどうか。季節柄は変調の多い時期ですが。
週末のG20に合わせて開催される米中首脳会談が注目されていることもあり、「米国株式市場はまちまちで取引を終えた」