新着Pick
166Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
そもそも、私は、元々、天邪鬼なので。スマホを当然のように、押し付ける風中が嫌いだ。歩きスマホも多いし。子供も、スマホを通してでなく、リアルな目で見てほしいだろう。
よって、スマホなし、SNSもなし。Googleは使うが別のが多い。アマゾンは本だけ。全く不便はない。GAFAの世界が正しいならいいが、嘘も多い。自分で見る考える能力を無くさないようにしないと、いざという時、困る。生産性の定義って何。しかも、みな同じだと、価値は下がる。デジタルの奴隷になって、同じような発想になる。
iモードやポケベルが消えたように、5Gや、その後は、スマホも消えるだろうし、別のもっといいツールが登場するだろう。まだまだ、今は過渡期。新しい、もっと民主的なテクノロジーに期待している。
いま深センに来ていて、久しぶりの中国で同じ感覚です。生活の基盤に入ってしまっているものは、もはや"断つ"のは難しいですね。意思を持って変える必要がありますが、体験してしまった便利さを捨てることはなかなか…。それでもさらに便利なものが出てきたらあっさり置き換わりますが。

ただ、記事にもある通り失っているものが多いのもまた一つの真実でもあります。知りたいことだけを探して視野が狭くなっていたり、会話が少なくなっていたり。それを忘れずに、使いこなしていくことがますます大事になりそうですね。
GAFA断ち、面白いですね。
そもそもOSが入っているスマホはダメ、PCはマイクロソフトで良かったですね。地図を見るGoogleマップがダメなのでマピオンとかなんでしょうがそもそも検索も出来ないのでどうにかしてURLをゲットしないといけない。ヤフーもGoogleエンジンだとすると百度とかで頑張るか。facebookもgmailも使えないので、LINEかメールで。なにも準備せずに中国に行ってしまったときの「何もできない感」に近いですね
情報に関わる仕事の場合は、GAFAがアプリはともかくiOSやAndroidという基盤部分で入っているので、使えなくなるとなかなか厳しい…
ただ、リアルで接している人との会話が増えたり、本に目が向いたりというのは、普段のスマホをみる習慣によって減っているものが少なくないことにも気づく。
個人情報を渡すかというよりも、ツールであるはずのモノがいつの間にかマインドシェアを常に奪い続ける存在であることのほうが日常的には問題だと思っている。あくまでツールに押しとどめておくためには、使う側の意思も求められる。
GAFA絶ったら私も同じになる確信あります。マップないだけで30分は早く出発したいです。検索できないなら図書館にこもらないと。電話だけでアポを取るなんて想像を絶する
"3週間のGAFA断ちで、これ以上続けるとクビになりかねないと思うほど仕事に支障をきたした"
GAFA断ちなんて絶対無理!w 個人的に必要な順番は、Gmail、Facebook、Facebookメッセンジャー、Google Map、Google検索、Amazonかな。
これは各社以上に国としての方向感が色濃く出ますよね→「便利さを取るか、プライバシーを優先するか。世界は岐路に立つ。」
なんかGAFA断ちというより、中途半端なネット断ちのような。検索手段は他にもあるし、Windowsで別のメーラー使えばよし。LINEも普通に使える。

とはいえその利便性はやはり良いし、その為に情報なんて使ってくれと思っちゃう事も多いんですけどね。
日経新聞の「やってみた」記事、スマホ頼りの暮らしを痛感するとともに、人間って何なのだろうと感じました。
「生産性を犠牲にしてまで、自分のデータを守る価値があるのか」