新着Pick
339Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
最近米国を中心に「デジタル治療/治療アプリ」が注目を集めています。
一般的なヘルスケアアプリとの違いは、臨床試験を通過し、保険償還の対象となること。

世界で最初に認可されたのは、Welldoc社のbluestarという糖尿病の血糖値管理アプリでした。

mindstrong社はまだR&Dフェーズのようですが、精神疾患領域は治療アプリと相性の良い疾患領域でして、
アルコール/覚醒剤等の依存症治療アプリのPEAR社、ADHD治療アプリのAKILI社(塩野義が日本でのライセンスを獲得)などが有名です。
自分でコントロールしにくい自分の心。マインドケアに携わる人は年々増加しているが、突発的な相談や悩みをカバーできない。そのスキマを埋めてくれそうなのが、スマホアプリ。

自殺だけでなく、昨今は殺人衝動などの感情発作も多発しています。自分でコントロールしにくいメンタルな部分をアプリが解決してくれれば、社会は穏やかになります。

昔から「腹が立ったら寝ればいい」という言葉がありますが、感情発作の際に、落ち着きと睡眠への誘いがあればいいですね。
導入が進めば、テックが「変える」のは間違いないのでしょうが、「変える未来」が総じて良い方向なのか悪い方向なのかはわからないという冷静な視点で観察する必要があるのではないでしょうか。

メンタルヘルスに限らず、簡易検査や簡単な治療がこのようなアプリやオンライン上で行えるようになりつつありますが、逆にアプリに強く依存してしまい、医療機関への受診が遅れ、治療の遅れにつながって病状が深刻化してしまったり、不適切な金銭のやり取りにつながってしまっているケースもあるようです。

米国での電子タバコが好例になってしまいましたが、予期せぬ負の社会現象を招く可能性もあります。

イノベーションとレギュレーションの狭間で絶妙な舵取りのできる第三者機関の準備が必須だと思います。
〇〇テックと言いつつ、〇〇しなければならないことが増えなきゃ良いなぁと思う次第です
面白い。
「私はこういう人間です」とあらかじめ自己開示しておけば、こういうアプリを大っぴらに使うことに対する抵抗感もなくなりそう。
ボクも感情の起伏が大きい人間なので、ぜひとも使ってみたい。
自治体とテクノロジー企業の協働がどこまで進むのか、という記事。
壁はやはり、個人データの共有です。
投薬ではない方向からのアプローチ。ゲームなどを用いた「治療」はデジタル薬と言われ、こちらについてはあくまで普段の行動の分布から外れたときに警報器として機能するものなのでデジタル薬まではいかないとは思うが、アプリや電子機器の医療への活用。
アポとってどこかに物理的に行って人と会うのハードル高いんでこの方向は大いに納得。ブラジルでもメンタルケアのスタートアップが出つつあります。

テンパってるときにすっと水位を下げてくれるようなサービスもこれからどんどん出てきそうです。眠りとメンタルが今後の大きな投資領域か。
大半の人にとって、スマホの使い方は毎日ほぼ一定している。マインドストロングのアプリのアルゴリズムは1週間分のデータをもとに、スマホの利用頻度やタイピングの速度などの指標から、その人の「普通の」振る舞いの基準値をはじき出す。

複数の指標が平均から大きくずれ始めると、アプリがユーザーにメッセージで通知する。異常値が出た24時間後には、マインドストロングのシステム上にも記録される。スマホの利用状況などはグラフ化して本人に提供され、数日間や数週間の傾向を確認できるという。
リアルタイムに警報してくれるよりも、そもそもの社会的課題を解決しないと対処療法で終わるのでは。