新着Pick
144Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
5G機器を定義する必要があるのと、部品構成表で調達先を全て管理する必要もあり、開発段階と製造段階における工数は増えるでしょうね。サプライチェーンを変更する必要性も発生すれば、調達部門も忙しくなるでしょう。部品構成表の管理レベルがオペレーションでは問われることになります。運用でぐちゃぐちゃになってるケース多い。
これは実施されれば大きく一歩踏み込んだ事になる。
今まではエンティティリストという個社ごとに危険や疑いのある会社を指定し、禁輸措置を取ってきた。
今回のは、中国まるごと禁輸するという話し。つまり個社の良し悪しではない、中国が国ごと悪いんだ、という決定に等しい。
それ故に、トランプ政権のやり口を考えればこれをカードとして何かを引き出す戦術を取るのでは。
これが実現するとITの世界での2極化が更に進む事になり米中の競争が激しくなる。結果としてアメリカや同盟国が高い買い物をさせられ機器の設置も遅れる事になるだろう。我々消費者に対するコストも跳ね上がる。それでも安全保障と米中のIT覇権争いの為には米政府はこういった政策を突き進めていく事になるのだろう。日本の企業にはビジネスチャンスは無いのだろうか。ピンチをチャンスにする日本の若い起業家とエンジニアーに期待したい。
これは経済問題でなく重たい安全保障問題ですから、中国の国家体制がひっくり返りでもしない限り解決しないと覚悟すべきではないでしょうか。そのためにかかるコストは国家、つまり国民が負担するしかないでしょう。トランプ大統領の資質がどうのというより中国が信頼できるかで、少なくとも尖閣や南沙諸島をみると、とても信頼できるとは言えません。
トランプ政権であれば当然の措置と考えます。コストが上がった場合、誰がこれを吸収するのかが気になります。
WSJの記事はこちらです。
"U.S. Considers Requiring 5G Equipment for Domestic Use Be Made Outside China"
https://on.wsj.com/2N7rmWW
これは、よほど中国を仮想敵国であり、アメリカに攻撃を仕掛ける可能性があると考えている表れですね。
これは、アメリカ1stよりも、深い意味があります。
ここまで来ました。地政学的な問題になってしまいました。
米中貿易摩擦がいい機会だと思うけど、結局部品製造は中国製で、組み立てを東南アジアかインドで行うとかになるような気がします。5Gはもう設置していくフェーズなので、いまから間に合うのかどうか。
デカップリングが進んでいきます。