新着Pick

小売の業績不振を「 Amazon のせいにする」時代は終わった

DIGIDAY[日本版]
ウォルマート(Walmart)やターゲット(Target)の成功は、苦戦している小売業者への明確なメッセージだ。小売業界が現在抱える問題をAmazonのせいにするのは、ますます正当化が難しくなりつつある。それどころか、業界内で比較的適応できない一部の企業の運命を決定する一因となってきた。
127Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アマゾンに先んじることは出来ないが、アマゾンの一手に刺激され自社のサービスをアップデートする。
強いライバルがいる事で業界そのものが進化していく。
速い選手、強い選手がいる事で周りも強くて、速くなる競技そのもの。
Kohl’s(コールズ)は、アマゾンの返品を受けることで、新たな顧客を得ようとしています。
ここで2つの問題があります。
1.本当に、返品しにくる人は、コールズで買うのか?
2.ロイヤルカスタマーを含めた既存顧客は離れないのか?
です。
悪魔の選択のように感じるのは、角井だけでしょうか?
小売業の不振をAmazonをはじめとするECのせいにしたり、関係ないと見ないふりをしている時代は終わっている。彼らに学び彼らと同じ土俵で競争する時代になった。また、反面教師としてシアーズやJCペニーの失敗からも学ぶべきだと思う。シアーズやJCペニーの失敗はネットとリアルをシームレスに繋ぐのではなく、リアルを主として別組織でネット事業を推進したことがちみ的失敗になった。Amazonと競争を繰り広げるウォールマートはトップの決断のもとネットをわかる人材を中核に据え改革をしている。数年遅れの日本の小売業はこういったことを真摯に受け止め改革を推進してほしいと思います。
これは面白い視点。
自社のビジネスの不振を、GAFAとくくった海外のネット大手のせいにしがちな、どこかの国の偉い人達に聞かせてあげたい言葉ですね。
結局、時代が変化してるんだから、ネット企業とか海外の企業とか批判してる暇があったら、その先の未来を自分たちで作らないといけないんですよねぇ。
自戒を込めて。

業績

Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、アップル、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
185 兆円

業績