新着Pick
175Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
いい取組ですね。もちろん一足飛びにレベル3.レベル4の実験までいければいいですが、現実的には難しい。
それに地域のモビリティという観点からすると、駅や病院などハブ機能を有する場所と現住の集落とのラストワンマイルが解決できるのが最優先。
そう考えると、こうした電磁誘導線型のものが補完的にあってもいいんじゃないかと思います。
自動運転バス、自動運転タクシーはMaasの核になる技術です。
そしてMaasは本当に必要なのはクルマがないと暮らせない地方都市で、今後クルマの運転ができない高齢者の方々です。

ウーバーもトヨタと共同でタクシー向け自動運転の開発を行い、更にその技術を外販すると言っています。
自治体は既存勢力の抵抗を乗り越えて、住民優先で新しい交通システムに取り組むべきです。
すぐに社会実装するには、磁気マーカーが早くて安い。雪で白線が見えなくても、運行可能。もちろん自律センサーを開発するプロジェクトも、他の場所で行われてます。しかし、本当の課題は、自宅から路線までの最後のラストマイルの足がないのが高齢者の本音。国土交通省はハンドルのないクルマも公道で走れる型式認定を与えてます(遠隔操作)。いよいよ時代が動きそうですね。
車がないと生活が出来ない郊外は現状でも多いですし今後も増えていく事を考えると、より山間部や郊外から実用化がより早く進めば良いですね。
必要な事ではあるが。儲からない。

税金や補助金を使わざるを得ないのであればMaasとか流行語使わず、社会インフラと捉えて政府が公共事業としてやれば良いだけのこと。

さもなくばウーバーを解禁すべき、