新着Pick
152Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Samsungは自社端末向け、XiaomiやOPPO等にプラスして、Apple向けにも1億台分の供給枠を設定出来る規模なのか。

液晶の方が良いとの声が多くても、一番の競合であるSamsung、Huaweiを始めとする中国企業が積極的にOLEDを搭載し、それでも売れる事を証明してきた。

BOE等のディスプレイ関連サプライヤーがOLED量産に向けて大規模な投資をしている。大量生産されるなら、これは消費されないといけない。米国と中国の政治的な関係も影響してくる。

モバイルの場合、小さなスペースに多種多様な機能を詰め込む必要がある。自発光であるOLEDの特性を利用する、液晶では難しい機能もある。(カメラや指紋認証センサー等のディスプレイ側からのアクセス)

OLEDにもデメリットはあるが、こんな現状でApple だけが液晶に「後戻り」するのも大きなリスクがあると思います。
記事にもあるXの時点からの話だと思い、それはAppleの在庫の動きなどからも伺えていた点。
Xの時点でそういう動きがあったという点では、XSだったり今後という点で、サプライヤー側がより慎重になっていくのは当たり前。逆にAppleとしては、キー部品なのにSamsungしか供給できていない構造を変えられていないのが痛いところ。JDIを巡る思惑はそういった点もあるだろう。
https://newspicks.com/news/3221833
https://newspicks.com/news/3476837
OLEDについてはサムスンが独占的に強いから、そこを握られているのは痛い、、ディスプライについては、日本メーカーは失策続きだった。
有機ELのように、多くの会社が作れない部品であれば、SamsungのようにAppleに対して、強気な契約が出来ますね。
iPhoneが売り上げ不振になると、大激震がはしります。
アメリカがくしゃみをすると日本は風邪をひくといった感じですかね。
ジャパンディスプレイは風邪どころか重病のようですから大変です。
ファーウェイもダメ、iPhoneもダメ、サムソンもダメ、どこもダメなのですね。
アップルにとって、モデムチップにおけるクアルコムとの知財紛争時と比べても、インテルのような存在がない分さらに不利な状況と言えます。
埋め合わせで採用したOLEDの価格が次のMBPの価格に(大幅に)転嫁されないことを祈ります。
「iPhoneの売上が予想を下回り、アップルが十分な数量のOLEDを発注しなかったため、アップルに数億ドルもの違約金が課せられる」との報道。
サムスン電子(サムスンでんし、韓国語: 삼성전자 三星電子、英語: Samsung Electronics Co., Ltd.)は、大韓民国の会社であり、韓国国内最大の総合家電・電子部品・電子製品メーカーで、サムスングループの中核企業である。スマートフォンとNAND型フラッシュメモリにおいては、ともに世界シェア1位。 ウィキペディア

業績

アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer, Inc.)から改称した。アメリカ合衆国の主要なIT企業である。 ウィキペディア
時価総額
156 兆円

業績