新着Pick
169Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Auroraの機体のアップが掲載されていますが,一つ一つのプロペラの向きが少しずつ異なるように固定されているところに設計の上手さを感じます.意味があります.
航空機メーカーが作ると、
現実的な形態になりますね。
運用出来る人がいて、
それだけ払う人がいるかが
問題だと思います。
Watsonさん同様の感想を持ちました。どこで使うんだろ?ブラジルだと大都会ではすでに結構な割合でビルにヘリポートが付いているし、ヘリで通勤する企業重役も多い。他の南米諸国でも農業地帯の金持ち連中が広大な土地を移動するのに車より便利なんで実用化したらすぐに欲しがるんではないかと思いましたが。

ところで、ちょっとググってみるとMETIのサイトでこんな資料がありました。8から9ページあたりが日本での用途のヒントになりそうですね。

https://www.meti.go.jp/shingikai/mono_info_service/air_mobility/pdf/002_02_02.pdf

そういえば去年の11月ごろにNPでも以下記事がピックされていて、METIの海老原さんが用途についても上の資料と同様のことを話されてましたね。

https://ascii.jp/elem/000/001/766/1766020/
今は「前哨戦」だと思っている。EVにおいても電池重量が課題になるが、垂直方向にも移動が求められる飛行機では一層の課題。より遠くに飛ぶためには電池が多く必要だが、そうすれば重くなるというジレンマ。
重量エネルギー密度がもっと高い全固体電池の実用化が進むかがキーだと思っていて、ただそれまでにそれ以外の要素技術の進化や、規制の調整などが必要。そういう意味で「前哨戦」。
やはり「空飛ぶクルマ」は自動車業界ではなく、航空業界の領域になってきましたね。

「空飛ぶクルマ」ではなく「クルマに似た飛行機」というのが正解かもしれません。

どちらの業界に分類されるかで、適用される条例や規定も決まるので、とても重要なことです。
時価総額
22.8 兆円

業績

業績