新着Pick
178Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
皆さんのコメントをお読みし、高卒就活の問題を知っていただくことができて大変嬉しく思います。

1人1社制の背景は第二次世界大戦中の国家総動員体制がしかれた頃に遡り、学校が戦時動員によって工場等に学生を斡旋する機能を持ったことからはじまったと考えられています。
具体的には1941年12月の労務調整令によって、国民学校卒業者は国民職業指導所経由での就職のみに限定されることとなり、この学校・国による斡旋体制の確立が、戦後の中学・高校における学校・ハローワークの「全員斡旋体制」に繋がっています。
これは、記事中にもお話しした古屋氏と共に本問題に対する活動をする中で私達も知ることとなりました。
つまり、80年前の日本でできた慣習が、今も残っているということです。

15年ほど前に、厚労省からもこの制度に問題があることについて公式に言及されており、何度か民間からの呼びかけもあったそうですが変わっていない状況がありました。

私達がこの問題をはじめて知ったのはヤンキーインターンを始めた3年ほど前のこと。この問題に気づいている方々もまた少なくなりつつあった中で、地道に周囲へ発信し続けていましたが、ついに先月、安倍総理の耳に届き、改革の動きが始まることになりました。

高校生の就活慣行 動き出す 1人1社制見直し
https://www.komei.or.jp/komeinews/p31071/

結果的にどうなるかはまだわかりませんが、主体を企業とするこの制度から、若者の職業選択の自由を守る就活自由化の動きになっていくことを願っています。

ハッシャダイでは、若者が"自分の人生を自分で選択できる"社会を作ることを目指し"CHOOSE YOUR LIFE"というメッセージを全国に届けています。
今回の全5回のインタビューの中で、若者の人生選択の上で取り巻く環境を皆さんに少しでも知っていただけたかと思います。
学歴格差・地域格差などは、きっとご覧いただいた皆さんにも関係のある問題ではないかと思います。
みなさんで手を取り合い、選択格差のない社会に近づく事ができれば本当に幸いです。

ご覧いただきまして本当にありがとうございました!
恥ずかしながら高卒就活に想いを馳せたことがありませんでした。そうだよね、なんとなく一人一社。就職活動というより斡旋。そこに疑問を感じなかった私と感じて行動したハッシャダイのお二人。社会的価値あるイノベーション。
ものすごく共感しました。ワタシの人事担当としてのfirst jobは、スーパーの店舗勤務の高卒生採用だったのですが、とにかく「学卒採用」に比べて制約が多い。全く、この記事のとおりです。スケジュールも厳格に定められ、ハローワークに求人票を出し、そして学校を通じて「一人一社」しか応募できない。ほぼ先生の言いなり、も多かったでしょう。

おそらく高校生を「保護」する観点だったとは思うのですが、ワタシも当時から、これじゃ自主性も何も無いなーと感じたのを覚えています。そんな20年以上前から変わってないんですね。しかも「法規制」じゃない、と。これはワタシも知らなかったです。

これは変えていかないと、ですね。
今年から高校生採用をスタートする身としては、確かにハローワークや1人1社、情報解禁のタイミング等、色々初めてを経験し、これはもう少し選択肢を知る機会や、情報を受け取る機会をつくっていかねばと思っていました。久世さん橋本さんの想いが広がることを応援しています!
今の時代においてとても重要な問いかけを投げかけているハッシャダイ。「選択格差」を是正すること、関係人口を増やすこと、若者に考える機会を与えること。

時代の変化が大きい中で、いかに早い段階で自分自身について真剣に考えて、インターンの経験を積めるか。「インターン」という仕組みは、今後もっとアップデートの余地がありますね
ハッシャダイの問題提起には私も同じ思いです。

高卒の一人一社制や大卒の新卒一括採用も昭和的な世界観を前提に設計されています。環境が変わっているので、仕組みも変えていかなければならないのに、現行の仕組みに安住してしまうのは、大人が思考停止に陥っているからです。

〉みんな責任を取りたくないし、変えるより今のままでいるほうが楽なので、紳士協定のようになっていると思います。

3年内離職率が長期的に安定しているのは、雇用市場ではなく就職の仕組みの問題だからです。自由選択にすれば若年離職率が高まると批判されますが、それは早期のキャリア教育や就業支援、雇用の仕組み改善でも克服できる論点です。やらない理由を並び立てて、若者の選択肢を奪いミスマッチを生み続けるのは、大人の責任放棄だと思っています。
ご指摘の通り”一人一社制”はおかしいです。従業員は会社に忠誠を誓わなければいけない様な雰囲気もおかしいです。昔は会社の企業活動を支えるために、一人ひとりが組織の小さな歯車(小さな役割)になって会社を支えていたので、忠誠心のようなものが生まれていました。今の時代は一人ひとりが大きな役割を持っていて、言い換えると「どこでも働けるけど、たまたま今はこの会社にいる」という感覚なので、会社に対する忠誠心などあまり必要無いのかと思います。どこでも働ける人間が複数のコミュニティに属して活躍するのは当然の流れかと思います。

ただ、今の日本は信用社会なので、個人活動や小さいコミュニティに属しているだけだと何かと不都合なのも事実かと思います。社会的信用の高い組織に片足置いたまま、好きな仕事で復業するというのが良さそうです。
"今は一人一社制といって、生徒は1人につき1企業にしか応募できないんです"
これは衝撃です。知らなかった。就職できないならともかく応募もできないとは
とても考えさせられる大切な提言だと思いました。いつの間にか当たり前になっているものの、これはおかしいというものは世の中にたくさんあります。それらに一石を投じて行動して変えていくことが純粋にカッコいいですし、ミライを作っていると感じました。
素晴らしい。大学に行くだけじゃない世界観ができたらより面白い!
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。