新着Pick
134Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
インタビュー第3回です!
今回はDMMグループ入りしてからの話になりますが、PMIのサポートはもちろんのこと、社員の平均年齢が24.5歳と低い私達にとって何か困った時に、大体のことがDMMからの支援で解決してしまうことが多く、本当にコングロマリットな会社であると感じます。
また一見、攻めの印象が強いDMMですが、鉄壁の守りのDMMというのが中に入ってみて感じることです。これも本当に大きい。
だからこそ様々な領域にチャレンジできているDMMの文化もありますし、私達も積極的にチャレンジすることができます。

定期的にプライベートでもフラッと様子を見に来てくれたり、人として暖かい方々も多くて、社員達としてもお兄さんお姉さんが来た様に喜んでいる姿をよく見ます。

そんな中はじめた「トラベルインターン」ですが、まだまだ試行錯誤の途中でありながらも、これまでとは格段に違うスピードで若者に移動体験を提供できています。
また、ヤンキーインターンに参加する若者も、一度一人暮らしをしていたり、何らかの移動体験をしている人が多いことがわかっています。

そこで、私達は移動に関して若者を重たい車の様に捉えています。
最初、動かす為に大変な力が掛かりますが、一度動き出せば慣性の法則で移動し続けることが容易になると思っています。
その為に最初の移動のハードルを下げる必要があり、その手段がトラベルインターンでした。

トラベルインターンによる小さな移動体験が若者達の大いなる旅路の一歩になる様、私達はサポートに取り組んでいす。
普通に考えたら「年収が多い人は出張が多い」「長い距離の移動は年収が高くないとできない」というのは事実としてありそう。その逆の「移動距離が長い人の年収は上がる」というのはどうなんだろう。ありそうな気もします
"人生における移動距離と、学歴や生涯収入は比例するというデータがあるんです"
ハッシャダイの足を引っ張らないように、私も日々精進したいと思います。
最近、高校生の採用について調べていたのですが、知れば知るほど、選択肢そのものが提供されていない現実を知りました。久世さんの話されている移動の大切さ、まさにと思いつつ、大人側が移動の選択肢をさらに増やしていける世の中にしたいなと。
非大卒人材ほど、育った地元の周辺でしか選択肢を描けないことが多いので、地方→都市、地方→地方の越境をハードルを下げて実現している点は素晴らしいです。産業界が連携して人を育てる場作った好事例だと思います。

前回の記事でもあったように、人の育ちは環境の影響を受けることも大きいので、人の育ちに関わる全ての場面で成長を意識した環境づくりが重要になってきています。

これは学校教育も全く同じです。
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。
合同会社DMM.com(ディーエムエム・ドット・コム、英語: DMM.com LLC)は、ECサイト「DMM.com」を運営する日本の企業。 ウィキペディア