新着Pick
113Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本はまだ壁があるのは事実ですが、日本に興味を持つ海外VCも増えています。どちらかというとシードではなく、アーリーからグロースステージですが。この記事に書かれているのと同様に、米国でバリュエーションが上がりすぎて、結果として日本が割安に見えているというのが大きそうです。
具体例としては、シリーズAをAirbus Venturesがリードした弊社投資先のInfostellarなどが挙げられますが、近々また別の事例が作れそうです。
申し訳ないですが自動翻訳の補正レベルが酷すぎて読むに耐えない。

スタートアップ投資とはローカルに根差すものです。
よって国際クロスボーダー投資が成立するのは澤山さんが言うようにグロースステージのみでその担い手はVCではなく主にPEやメガ企業系です。シリコンバレーVCが中国やインドでたくさんシード・アーリー投資して見えるが、彼らはローカル専門ファンドで、パートナー以下全員ローカル専属チームでやっています。

両者を混同した議論はミスリーディングです。
これほど情報化社会が進んでいる中で自然な流れかと。
一方で記事の中にもあるように投資家としてはファウンダー経営陣が近くにいてコミットメントが確認できるかどうかという点も分からなくもない。いずれにせよ優秀な人たちがボーダレスでどんどん協力し合って更にイノベーションが起こる、経済効果が生まれることを期待。
よく分かります!というか社会変革を本気で目指すなら、早い段階でグローバルに名の通っているかつチャネルがある投資家から投資を募りたいところ。目先に捉われちゃうとシリーズが後ろになるにつれて他の機関投資家との相性や親和性が調整しきれない感じになっちゃうので留意が必要ですね!
澤山さんが触れている通り、日本と海外ではバリエーションの目線に大きな開きがあり、シードよりもグロースステージの方がその差は大きくなります。
国内VCの目線と合わなくなってきたグロースステージでの調達時に、海外VCからの調達を考えるスタートアップが昨今増えているように感じます。
日本株の6割近くが「外国人投資家」により売買されていると言われています。

VCも海外は歴史も長く資金もあるとこ多いはずなので、シード期であっても外国からの調達が当たり前になるのは自然の流れだと感じます。
イスラエルについては、SVと比べてまだまだバリュエーションが低く、外国資本の割合も非常に高いので、その技術の高さ以外にも、イスラエルが世界で注目される理由はあると思います。
「イスラエルのようなマーケットが優秀なテック人材を輩出してきたのは周知の通りだ。本部と創業者少なくとも1人(通常はCEOだ)を顧客や投資家に近い米国に置き、その一方でエンジニアリングのチームの大半をイスラエルに抱えている、多くの成功したスタートアップの例を我々は見てきた。」
この記事は、きっと和訳記事ですね…
面白そうですが、意味がいまいちよく分からないところがあります。TechCrunchのオリジナルで読んでみます。