新着Pick
233Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
AppleがIntelのモデム事業を買収を狙うというニュース。5Gに対応するため、AppleはQualcommとの係争を打ちきり、和解したばかり。同時にIntelが5Gのスマートフォン向けモデムから撤退を決めていました。5G対応に向けて、より専門的なチームを社内に組成することもできますし、将来自社開発する可能性を手元に置くことにもなります。これはQualcommとの取引でも有利に進める材料になるでしょう。

Appleは、チップメーカーPA Semiを買収し、iPhone 4に搭載したA4チップから、自社設計としました。その結果、バッテリー効率を両立しながら、処理性能の面で2〜3年のアドバンテージを確保するに至りました。ハイエンド製品の性能向上はもちろんですが、3年前のiPhone 7も現在十分に利用可能なレベルを保つ点で、新興国向けの低価格戦略を、高い収益性を持って実現するようになりました。

AppleはA12からグラフィックスについても内製化しており、電源管理についても同様に取り入れようとしています。ワイヤレス通信に関しては、Apple WatchやAirPodsに採用されたWシリーズのチップを自社設計としています。将来このWシリーズのチップがセルラーモデムとして役割を果たすようになるのかもしれませんね。
アップルが5G対応の端末を
東京オリンピック前にリリース
できない可能性があるというのは
日本にとってかなり悩ましい。

オリンピックの競技を高精細・高輝度
のクオリティで放送してもスマホの
画面それを十分なクオリティで受けきれない、
ということになる。

絶好の見せ場をフイにする携帯電話各社と、
通信料金引き下げに関わってきた事業者や
政策担当者はがっくり肩を落とすに違いない。

いやはや残念だ。
一週間ほど前くらいから観測報道が出ている(下記)が、どうなるか。
特許狙いとかだろうか?自社で開発をどこまでやるかはおいておいて、クロスライセンス契約とか戦略オプションは増える可能性がある。
https://newspicks.com/news/3970913
AAPLが焦るのは、将来のiPhone事業が懸かっているいるというより、メディカルとモビリティに関する戦略的な技術だからだと思います。
特許は大丈夫なのかな。どこと争うんだろう。
インテル(英語: Intel Corporation)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く半導体素子メーカーである。 ウィキペディア
時価総額
22.8 兆円

業績

アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売するアメリカの多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
203 兆円

業績