新着Pick
836Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
GOJEKこんなに多角的に展開してたんですね。Grab、2015年にシンガポールのプロジェクトで数ヶ月いたときも、同僚から必須アイテム、と言われて使っていましたがあまり使い勝手は良くなかった記憶がありました。昨年久しぶりに使ってここ数年での改善のすごさにびっくりしました。
2017年のMoney20/20でアンソニー・タンのプレゼンを聞きましたが、あのとき初めて発表された決済サービスももはや当たり前のものに。
二大巨頭がバチバチ争って市場が出来ていく中で、他の参入がどうなっていくのかも楽しみにみていきたいですね。
昨年ホーチミンに旅行に行った際、Grabを初めて利用してその快適さに驚きました。英語でのコミュニケーションが難しく、かつ鉄道などの交通インフラが整っていないベトナムでは、移動が旅行の最大のストレスになります。

流しのタクシーを止めても、行き先が正しいのか、事前の料金交渉もちゃんと通っているのかが不安でリラックスできません。そうした中、明瞭会計でコミュニケーションが不要のGOJEKやGrabは、旅行者にとってありがたいサービスです。
ただし、成長の背景は現地の低所得者層を獲得したこと。旅行者視点ではなく、東南アジアのユーザー視点でより深掘りしてみたいと思います。日本でも早くライドヘイリングが始まればいいのに…。
新興国においてユニコーンとは先進国におけるそれと意味合いが違います。
大きなスタートアップ、ではない。レガシー大企業よりも遥かに大きな存在感、経済規模、社会インパクトを有します。

例えば人材は域内で最も優秀な人を、最も高い給料で、最も大量に採用し
広告マーケは、域内の企業で最も莫大に散財します。
つまり国家経済にダイレクトに与える影響が大きい。

毎日乗ってますがプロダクトUI、サービスUXとしては圧倒的にUber >Grab > Gojekです。
ここではGrabがUberを買収したとだけありますが、テクニカルには間違いではないが実際はUber東南アジアとの経営統合です。それを許したのはシンガポール政府の失策だと思います。
アジアでスピード展開する2社の話。非常に分かりやすい。
インドネシアでほぼインフラ化するGOJEKと、アジア展開でスピーディーな面展開のGrab。
全く異なる成長過程で違いが分かりやすかった。でも、ハーバードビジネススクールの同級生だそうです。

プレイヤー、サービス普及視点共に置いてきぼりな日本という状況も浮き彫り、、、。人件費が安い、BOPだけでは説明できず規制問題。
ハーバードMBAで同級生だった3人が作ったサービス、GOJEKとGrabが東南アジアのユニコーンの双璧となり、いまついに直接対決の様相を見せています。

その裏には、ソフトバンク、そしてアリババ対テンセントと大きな覇権争いも絡む展開。今回は、いま東南アジアで何が起こっているのか、GOJEK対Grabの今を解説します。
デジタル時代の3レイヤーを考えても、レイヤー的には取れれば支払いが一番美味しいはず。さまざまなサービスがそこに向けて参入していくのはやむおえないでしょう。
いずれにしてもXaaSなビジネスは、ユーザー側から見るとエコシステムが大きければ大きいほどラクチンである、ということを考えるとこうした対決や日本みたいな乱立には複雑な気分にもなる…もはや競合という概念はなくなりつつある時代でもあると思うので。
ベースオブピラミッド って概念超いいな
低所得な、というか生活のインフラが未発達なマーケットにおいて
生活者の在り方を激変するほどパワーのあるサービスを作るなんて
どんなにワクワクするか
いつか、そんな勝負がしたい
配車サービスからスタートして決済とフードデリバリーへ参入。全く同じビジネスモデルで戦っている2社。配車で収益が上がらないところを、2つの柱で補おうとしています。

Uberも決済領域への進出をNYで進めているとか。本業で儲からないから、金融で儲けるというのは、そう簡単なことではありません。

多くは融資へ走り、不良債権とたっぷり抱えて撤退、という道を進みます。2社のガチンコ対決で、決済手数料や金利の値引き合戦が起きる。その先は・・・。
この記事はファクトだけを淡々と書いているのでむしろ読みやすく参考になる。
BOPの考え方は日本ではあまり一般的ではないかもしれないけれど、新しい事業を考えていく時に必要な考え方だと思います。
バンコクとジャカルタで、ほぼ毎日使ってます。

会社のメンバーにもコーポレートカード情報を共有し、ビジネスでGrabを利用する際はそのカードで支払ってもらい、経費精算の必要がありません。

どちらが勝つか、というよりは共存するんだろうなぁという印象。
タイでUberが撤退し、残ったGrabがやたら値上げしている現状を鑑みると、タイでもGo-Jek にもっと頑張って欲しいと思っています。
この連載について
6.5億人の巨大マーケットを抱える東南アジアで今、「配車サービス」をめぐって2つのユニコーン企業が激しく争っている。インドネシアで誕生したゴジェックと、マレーシア生まれのグラブ。異なる戦略で成長してきた2社の裏側には、ドラマチックな「歴史」があった。NewsPicksが独自の視点でレポートする。