新着Pick
138Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
以下の件は、社会実験でも証明されているジェンダーバイヤス。
男性は仕事の有能さと好感度が正比例し、女性の場合は反比例するというやつですね。(^^;;

Boys and Girls and Anyone can be ambitious な、世の中は、良い世の中だと思います。

▼インタビューより

「彼は野心的だ」と聞くと、ポジティブな印象を受けますよね。でも、「彼女は野心的だ」と聞いたら、どう思いますか。典型的にネガティブな印象を受けるでしょう?
それを変える必要があります。すべての少年が野心的であるべきだし、すべての少女が野心的であるべきなのです。
10年よく持ったと思う。あれだけの奇人変人ザッカーバーグにナンバー2として、共同創業者でもなくわざわざ引く手あまたであろうところ勤め人として仕えるこの人もある意味で超人的な人なのだろうと思います。
その割には、フェミニスト的な活躍は夜に出るがFacebookの働きぶりは一般に情報が少ないゆえ、本特集ではホフマンが斬り込むのを期待する。
Boys and girls be ambitious、とても良いことだと思う。
あと、Ambitiousは「野心的」と訳されることが多いかもしれないが、クラーク博士の和訳の方が好きで「大志」のほうが好き。
それぞれにとっての「大志」で、個々人の価値観で重要に思っていることに迎える社会がいいと思う。それが社会的な大志でも個人的な大志でも、どちらでもよい。
【予告編 無料】FacebookのCOO、シェリル・サンドバーグの「イノベーターズ・ライフ」×「マスター・オブ・スケール」を本日から8日間連載します。
ちょっとこのタイミングでびっくりの企画。批判についてもきちんと掲載されるのだろうか。賞賛を集めてきた彼女がフェイスブックへの一連の事件で信用を損ねたことは米国ではまだ記憶に新しい。このあたりへの記述も期待しています。
サンドバーグ氏の様な『声』をもっと聞きたい。
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。