新着Pick
156Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
材料の表面に微細な亀裂を形成しその亀裂のスケールを光の波長に合わせることで、特定の波長の光で発色させる「構造色」の技術。他の材料を一切使わずに、その材料そのものを使って発色させる。

高分子に限らず金属やセラミックでもできるのではないか、という予想は、確かにあり得る感じで、そうなったら確かにすごいですね。

レーザー加工やフォトリソグラフィーを使ったエッチング加工でも同じようなことができそうですが、亀裂(高分子のクレーズ)を使うという発想が新しいと思います。ある種の力学的加工になるんでしょうね。(元論文を読めていないので予想ですが)

プレスリリース
https://www.jst.go.jp/pr/announce/20190620/

記事の元になったNature掲載の論文
https://www.nature.com/articles/s41586-019-1299-8
おお…構造色。

>"汗や血液を分析する医療用チップの開発も考えられる。"
(どんな機序なのだろう?。気になります。)

(以下はほぼ再掲)
残念ながら、すでに販売が終了していますが、構造色のレクサス特別仕様車がありました。
https://lexus.jp/models/lc/features/sesb/

【構造色】については、過去に以下のような記事もありました。
"薬品で染めることなく髪の色を変える"
https://newspicks.com/news/557113/