新着Pick
455Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
福岡は、20年前から、日本で一番シリコンバレーに近い起業家精神の盛んな土地です。

何故かというと、アントレプレナーシップの本質を知り、シリコンバレー直結の人財が集まっているからです。

その中心は九州大学ロバート・フアン/アントレプレナーシップ・センターQRECを立ち上げてきた谷川徹先生、五十嵐伸吾先生たちです。お二人は開銀や都銀でベンチャー投融資の最前線で経験を積まれた真のプロフェッショナルです。

QRECでは、早稲田大学など他大学の学生も引き連れてシリコンバレー・ミッションを出しておられました。QRECそのものも九大卒でシリコンバレーで大成功したロバート・フアン氏の寄付によるものです。

九大全体でもベンチャー支援の気風があり、一例ですが、元副学長で知財問題の権威の青木玲子先生も個別ベンチャーを応援されていました。
九大がベンチャーの良きメンターになっているのは、スタンフォード大学とシリコンバレーの草創期の関係に類似します。恥ずかしながら小生もベンチャー特論の講義には何年も続けて参上していました😅
http://qrec.kyushu-u.ac.jp/

九州経済産業局にも佐伯心高さん、松田一也さんらが部局やポストを超越してベンチャーを応援されてきました。

県庁は経済産業省の前身の通産省MITI中枢で最先端技術を磨いてこられた麻生前知事、小川知事が、強力な応援団です。

福岡は世界最高の「水素シティ」ですが、麻生知事自ら欧米の先端燃料電池ベンチャーやVCを視察されました。九大も水素材料研究の世界トップ拠点ですが、時期尚早と思われた県立試験センターには千客万来✨水素や先進自動車のプロ中のプロが集結し水素で稼いでいます。

県立・市立図書館もビジネス支援では日本トップクラスの熱心さです。

IBM目線ではなくとも、福岡の人的ベンチャーエコシステムは日本最強です🎌大きなエクイティが伴うと完璧ですが。

蛇足ですが、福岡は、非常に住みやすいところです。魚がうまいし、住宅コストも安い、痛勤🚃(×_×)もない、回りの人も「熱男」「熱女」が多くて新しいチャレンジに寛容で潜在的にサポーターになってくれる。目の前に🌊海も山もあるので開放的です。九大や県立・市立図書館など知的インフラも充実しています♪

住みやすいというのは、起業にも重要なことですね👍
"イノベーションタブがこの6月で、幕を閉じる"
なんと!本記事とは関係ありませんが、感慨深いですね。ブランドタイアップとしてこんなに参考になった取り組みはありません。当時まだ小さかったNPでしたがタブをブランドに提供するというのは色々な意味でチャレンジングでした
空港、新幹線終着駅、港が近くにあり、アジアとの距離も近い。九州大学が市内から遠くに移ってしまったのが残念といえば残念ですが、伊都も素敵な場所だと思います。
メンタイバレーはどう?それかトンコツバレー。福岡は間違いなく日本の西海岸でしょうね(地理)
この連載について
九州地域で産官学が連携して産業を活性化させようとする「地方創生」連載。地域の独自性を生かしてイノベーションを起こそうと奮闘する姿を、多角的な取材で描きます。

業績