新着Pick
1280Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
さすが人口14億人弱。ユーザー数が半端ない。
男性向けは比較的ニッチアプリでも数十万人単位。女性向けはチョイスは王道中心で日本の人口を優に超えている。

出前系アプリの普及速度が半端なく、決済サービスの存在に加え、届ける人員とユーザー数伸びの需給バランスが絶妙だから。2015年頃半年ぶりに北京に行ったら配達の自転車であふれかえっている景色の変化に驚いたことがある。
日本でも知られる定番アプリの「使い方」から、聞いたこともない異端サービスまで。中国の若者たちが日常的に使うアプリを一つ一つひもといていくと、ここで日々起こる予想外かつダイナミックな変化が、少しだけ見えてきた気がします。
アクティブユーザー数もすごいがアプリの名前、ロゴが同じ漢字民族には破壊力ある。
スニーカーマニア向け=毒
これはありがたい記事。中国の方にも直接クロスチェックしたいですが、これらのアプリを見ると、中国における生活者の実態がある程度想像できそうです。
日本やグローバルで展開してあるサービスの中国版が多い印象ですが、20個中11個(配車を含む)がコマース系アプリというのは特徴だと感じます。特に男性の方が10個中6個と過半数。
日本の場合、コマース系アプリはAmazon、楽天市場、メルカリ、ZOZOに集約されてしまっていますが、中国の方がバーティカルなサービスが提供され、なおかつユーザーがそれを利用しているということでしょう。
しかし、Stock Xの中国版「毒(ドゥ)」というマニアックなアプリがランクインしているとは(笑)
男性と女性ではマストアプリに大きな差がありますね。AlipayやWeChat Payがない。ということは、すでに生活アプリとして定着しているため、あえてリストに載らなかったのでしょうか。

中国だけでなく、世界の国々でどんなアプリが流行っているのか調べて欲しい、と思いながら楽しく読みました。
面白い記事。ユニークなサービス、バリエーションもそうなんですが、ユーザー数がすごい。やっぱり中国はスケールが違いますね。このパワーは驚異というか脅威というか。シャレじゃないんですけど。改めて。

っていうか、この記事。よく見たら國弘さん(元同僚)じゃないですか。やるなー、キュ二ちゃん!
母数が大きいというのは、それだけでトライする意義があるなぁと各アプリを見ていてしみじみ。個人的には、メイリーヨウシェンの生鮮食品アプリは気になるけど、パッと見ではお届けスピード重視で宅配のその先のサービス体験まではまだいってない感じ。そもそも求める体験も違うのだろうけど。
男性版の方が知らないものばかり。新事業アイディアはシリコンバレーだけでなく中国から探す時代になってきてますね。事実、ある趣味生活カテゴリーの日本のベンチャーさんで、中国展開の検討のお手伝いしていたら、色々見てると中国の方がかなり進んでおり、中国企業がどのように展開しているのかをみることでむしろ自社の今後の展開の参考になった、という事例が出てきてます
UIのってるのが、イメージしやすくて、楽しく読めました!
あんま関係ないですがスネ夫があんなふうに作れるの知らなくて笑っちゃいました
ともかくユーザー数が強烈…あとは配達系のアプリの値引きなどのキャンペーンは有名だが、有料サービスの値段も安い。
中国のスタートアップについて、ファイナンシングの規模も大きければバブっているという話もよく出てくる。ただ人口が圧倒的で、これだけ多くのアプリがあるなかで、インストールして使ってもらうまでには大量のマーケコストが必要なことがその裏側の大きい要因としてあるのだろうなぁと、記事を読みながら思った。
この連載について
世界最大のテクノロジー大国になろうとする中国。その牽引役となっている「トップ1%」の頭脳集団に迫るため、NewsPicksのドキュメンタリー制作班は北京に飛んだ。14億人の頭脳ヒエラルキーの頂点に君臨する、清華大学とそのエコシステム、最先端のサービスを描き出す。
株式会社ファーストリテイリング(英語: Fast Retailing Co., Ltd.)は、株式会社ユニクロなどの衣料品会社を傘下にもつ持株会社である。東京証券取引所第一部上場。世界のカジュアルの企業の中での売り上げは第3位である。 ウィキペディア
時価総額
6.65 兆円

業績