新着Pick
792Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今、中国出張のため成田空港に向かっている最中のピック。
この出前アプリ、中国でカンファレンスやパビリオン出展の多い私には重宝します。
出展しているブースを離れられない時も大丈夫。
アプリで注文すると、コンベンションセンターの該当ブースまで、出来立てのお弁当を届けてくれます。
そして、中国の良いところは出展者がお昼時に堂々とブースで食事してても問題ない雰囲気😅日本だと、きっちりしてるので、お客様から見える場所では食べないと思うけど…

お昼時には、レストランの前には注文が入る前から宅配ライダー達がたむろしてます。レストランは料理ができたら店の前のライダー達に渡す。
この出前アプリの凄さは、もちろん、ITプラットフォームだし、それを使いこなす中国国民達に支えられてるのだけど、それ以上に、宅配ライダーの数が山ほどいるという、オフラインの物理的な労働力の豊富さに支えられていると感じます。

人手不足な日本ではもうできない「人海戦術」こそ、中国ITプラットフォームを支える強さなんだよな…と感じます。
中国は世界でもっとも多くのユニコーン企業の「生息地」。にもかかわらず、実は日本人を始めとした外国人は、その凄さやビジネスモデルを理解できていません。そこには大きな理由があります。

① 中国の銀行口座がないと使えない、②中国の携帯番号がないと使えない、③中国に物理的にいないと使えない。この3つの条件をクリアできないために、時価総額1000億円〜数兆円規模の、中国のリアルなサービスが、全然わからない訳です。ついでに中国語限定のサービスも多く、これらを使いこなしている人がほぼ皆無なわけです。

そこでNewsPicksは、中国ネイティブな協力者とともに、中国のユニコーン/次世代ユニコーンを徹底解剖する「アプリ研究所」を創りました。動画があれば、そのインターフェースやデザイン、挙動も分かるようになります。まだまで実験フェーズではありますが、第1回は10兆円近い規模に膨れ上がっている「出前エコノミー」です。

中国の国民的な出前アプリ、メイトゥアンの時価総額は今や5兆円前後。すでに中国内だけで2020年に13.9兆円市場といわれる、この新しいマーケットを紹介します。ぜひ御覧ください。
私も上海で実感したのは、この注文を受けて雑居ビルの様々な店に注文を取りに行き、集合住宅の玄関まで届けに行くという作業は当分はロボットには代替できなそう(&人間がやった方が安上がり)ということです。
こちらの記事から引用。
(この作業は現状では)「新世代農民工」と呼ばれる人たちが担っており、大学まで行くようになった若者たちは、絶対にこうした仕事をやりません。
日本の大学生のようなアルバイトは、こちらの大学生はほとんどやりませんから。だから今後、中国では無人化、自動化のテクノロジーの開発がどんどん進められていくでしょう。
https://newspicks.com/news/3929251/
ワイマイも非常に奥が深い産業であり、配達員の方は、農村部から出稼ぎに来ている若者がメインですが、ひと世代前までは深センを中心とした製造業の工場で働いていた層と言われています。中国の人件費が高騰するにつれ、世界の製造業ん工場が東南アジアに移っていく中で、こういった数千万レベルの出稼ぎ層が大量失業してしまうんじゃないかと懸念された中で、ECやワイマイのデリバリー業に「転職」して、ことをなきえたという形になります。
こうしたアプリって、「良い」評価をもらうとメリットがあるのですよね。情報や評価が可視化され、データとして蓄積されることに日本ではアレルギーが強い。しかし中国の人たちにとっては「良いことをすれば誰かが認めてくれてメリットになる」ことで大きな効果があるそうです。データの力も使いようですね。

ちなみに日本の某タクシーアプリの運転手さんに聞いたら「評価で褒められることはない」そうです。逆にクレームは怒られる。これではモチベーションは上がらない。
確かに、出前アプリ、めっちゃ便利です。
北京の冬は寒くて外出するのはおっくうなので、僕は食事からスーパーの買い物まで何でもワイマイ(外売)を使っていました。重いペットボトルなんかもドカンと運んできてくれます。支払いもスマホ決済なので楽です。

各配達ごとにユーザーの評価点がつくので、配達員はとても親切です。
配送状況はスマホの地図上にバイクの居場所が表示されるので、あと何分かもわかります。
玄関のチャイムが鳴って扉を開けると、配達員が品物を前に差し出してじっとたっています。
ちょっと前の中国じゃ考えられないこのお行儀のよさ、感動します。

でもこの配達員、みんな電動バイクで配達しますので街中は配達員であふれています。
彼らは時間に遅れたら自分の給料が減るので、信号は無視するわ、歩道は走るわ、逆走もするわ・・・で、もうやりたい放題。当然事故も多発です。
日本じゃ、こんなサービス成立しませんね。ワイマイ会社はすぐに営業停止でしょう。

消費者には便利で、市場も拡大しているのですが、配達による渋滞や混乱、包装ごみの激増と散乱など、中国でももうすぐ社会問題になるんじゃないでしょうか。
ワイマイ業者もそのことを承知していて、配達員の教育に取り組んでいるそうです。
そのうち、配達員問題も環境問題も徐々に改善されていくでしょう。

これが中国式社会イノベーションなんですが、日本はとても真似できないですね。
軽いテンポで楽しい動画でした。中国スタッフにお願いするしかないフードデリバリー。本当に色々な種類がありすぐ届いて便利。そして加工食品でないので美味しい。中国スタッフもランチに出なくなった、と言っています。それを支えるのは大量に安価に運ぶバイク便ネットワークであり、なかなか他国では真似が難しいモデルでもあります
「30分で何でも届く」現象は、先日特集のあったGrab vs Gojekのインドネシアも同じ。マッサージもクリーニングも届きます。ITの進化の上に、大量の人口と安い人件費がもたらす利便性。
https://newspicks.com/news/3993450?ref=user_2380185

Meituanでは食事のデリバリーだけでなく、ホテルの宿泊や映画のチケット購入など、あらゆるサービス予約が可能。実は「サービス消費」は個人消費の7割を占め、物販より遥かに大きいです。スマホシフトに伴うこれら「サービスのEC化」は巨大な成長市場。なお、Meituanの最大株主はTencentです。
モバイル決済が浸透していて、配達のマンパワーを集めるのが比較的簡単(→人口が多い)な中国らしいサービスの発展ぶりですね。
とはいえ、それだけではサービスは浸透しないはず。

ここまでサービスが浸透した背景があると思います。
1 昔から共稼ぎが多く女性が家事を効率よく熟す必要があった
2 元々家に台所がないアパートも多く、屋台でごはんを買ってくる習慣があった
このようなライフスタイルも要因なのかと想像しています。

私は、個人的にデリバリーで出るゴミの量が気になってしまいました。
2003年北京に住んでいた当時から、マックやKFCはじめランチ系は、電話一本で1人前から配達していました。もともと冷えた弁当などを食べる習慣がなく、温かいものを食べる食文化を持つ中国は、出前は必須の要件なんでしょう。
中国のビジネスモデルの凄みは、「人件費ゼロ」としてスタートできるところにあります。この土壌にITのマッチングサービスが来ると、無敵になるんでしょね。
人件費が高くなるころには、ドローンが飛びまくっているということになるんでしょうね。
この連載について
世界最大のテクノロジー大国になろうとする中国。その牽引役となっている「トップ1%」の頭脳集団に迫るため、NewsPicksのドキュメンタリー制作班は北京に飛んだ。14億人の頭脳ヒエラルキーの頂点に君臨する、清華大学とそのエコシステム、最先端のサービスを描き出す。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database (IMDb) などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またの一つである。 ウィキペディア
時価総額
96.8 兆円

業績