新着Pick
391Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
資金の問題がクローズアップされますが、その他の面にも大きな違いがあるそうです。それが研究時間です。
最近、日本でも報道が増えてきているのでご存知の方も多いと思いますが、日本の研究者はさまざまな雑事に追い立てられて研究時間が減少しています。一方、中国では技官や事務職が充実し、研究者はおろか大学院生までもが論文執筆など業績に直結する研究活動に集中できるとのこと。

在中日本人研究者の会の河野洋治さん(中国科学院 上海植物逆境生物学研究中心) が講演でこうした日中の違いを説明し、「日本に金がない。それは仕方がない話なのだから、せめて雑事を取り払って研究者に時間を与えて欲しい」と仰っていました。
「日本のトップ頭脳が中国を選ぶ」というのは、さすがに言い過ぎでしょう。

島袋先生や高畑先生のような方は確かにいますが、統計的にどれだけの数の日本人学者が中国に渡っているのか、そのデータを探していますがまだみつかりません。
少なくとも、私の周りでは、純粋に研究活動目的で中国の大学に来る日本人学者が増えているという実感はありません。

確かに清華大学の研究費はすごい。外国人研究者でもあまり差別はされません。しかし内容は国家の科学技術政策に沿ったものが圧倒的です。
文中に「基礎研究に大盤振る舞い」をしているかのような記述がありますが、今まで成果が見えない基礎研究への投資があまりに少なかったので、その反動で増えているというのが正しい認識ではないでしょうか。

文中にもあるように「研究内容より発表の数字」というのは私自身も実感しており、中国の一流大学の特徴だと思いますし、その風潮はまだそんなに変化していないと思います。

ただ清華大学などでは、世界各国から超一流の人材が(短期的に)やってくることは確かなので、そういうひとたちとの遭遇は、ものすごく刺激になるのは確かです。

私は正直、「日本はすでに抜かれている」的は論調には辟易しています。
規模も予算も大きい中国の大学で日本を凌駕する分野が”存在する”のは確かですし、日本の大学にも問題が多いというのも承知していますが、だからといって”すでに抜かれている”と言い切るのは木を見て森を見ない発言だと思いますし、ここはもう一歩冷静に中国の大学の実情を見ていくべきだと思います。
一般的な日本人は中国への正確な理解がそもそも足りていないと思います。善悪や好悪の問題を除いて歴史上数百年に一度苦しむ時期はありますが、政治、軍事、経済の分野で平常時は世界No.1です。この百数十年はまさにその苦しい時期でした。
学生時代に、ハワイのすばる望遠鏡へ研修ツアーに出かけた際に、所長から『天文学は、実利にはならないがロマンがある学問で、謂わば贅沢品だ。裕福な国しか研究機関を持てない』と話していたことが印象的でした。あれから10年、確かに中国は経済発展の歩調を合わせるように、天文学といった実利にダイレクトに繋がりにくい学問への投下予算をどんどん引き上げています。

10年前、本格的に天文学をやりたければ、留学するしかなかった時代から、今は世界的な外国人天文学者がわざわざ中国に来る時代になったのですね…。感慨深いです。
八田さんの意見が私も考える中国の全て。そもそも数千年は世界のトップで、ここ最近がおかしかっただけと捉えたほうが良いと思っている。最近の中国の基礎研究やベンチャーの立ち上がりの凄まじさは、悲しいことにもはや日本とは比較になりません....
65才以上の社会保障費投入には80兆円+年間5千億円の増額。一方、全国立大学運営交付金は1兆円。科研費も2300億円。

どうせ、選挙しても老人の数の力には勝てないのだし、ならば、優秀な若い方々は(意識はしていないかもしれないが)このような形で国に反旗を翻すしかないでしょう。悲しみと絶望感でいっぱいです。
中国の研究費は日本と1桁ちがう、というのには驚きました。求められる成果は論文数。わかりやすい。
カバー画像のデザインが秀逸。何を伝えようとする記事かあの1枚でわかる。この連載での大きな学びは、中国が教育と研究にとにかく投資してること。日本としてそのままマネしづらいところはあるけど、国家のグランドデザインを練り直すタイミングではないか。#電脳チャイナ
日本での研究費の少なさは私の周りの研究者からも頻繁に聞いている。それゆえ記事にあるように優秀な人材が海外で活躍するようになる。一方、科学分野に限らず世界的な功績を残したときには国民栄誉賞などがあたえられる。受け取る側からするとどのように理解すればよいのか混乱してしまう。
黄さんや渡辺さんのコメントが印象的(有難う御座います!)。研究開発は未来への投資だし、それを続けて国を発展させて、いかにうまく再投資サイクルを作れるか。こういうトップ研究者の移動は、端的に各国の研究開発の投資スタンスを表していると感じる。
この連載について
世界最大のテクノロジー大国になろうとする中国。その牽引役となっている「トップ1%」の頭脳集団に迫るため、NewsPicksのドキュメンタリー制作班は北京に飛んだ。14億人の頭脳ヒエラルキーの頂点に君臨する、清華大学とそのエコシステム、最先端のサービスを描き出す。