新着Pick
1200Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
5月7日、編集長就任時に所信表明で3つのテーマを掲げました。第一弾は「Asia as No.1─アジアの世紀」にフォーカスします。世界トップクラスの中国のテクノロジーと、その源流たる天才たちを追うと、中国やアジアのみならず、世界の大きな潮流が見えてきました。

https://newspicks.com/news/3869279
中国の「顔認識」のテクノロジーにおいてトップ企業のひとつである、Megvii(メグビー)について、NewsPicks編集部でショート・ドキュメンタリーを創りました。この時価総額5000億円のユニコーンは、中国の最高学府である、清華大学の学生たちによって設立された、非常に面白いテクノロジー企業です。

14億人の人口を抱えている中国で「顔認証」が猛烈なスピードで広がっている背景のひとつは、やはり政府によるセキュリティ需要です。監視カメラに写っている膨大な通行人が、それぞれ一体どこの、誰なのか。最先端の深層学習をつかったシステムが、同時多発的に「特定」するデモ映像を見たら、多くの人が驚愕するのではないでしょうか。

こうしたテクノロジーは、もちろん革新的で新しいサービスや、社会を改善するためにも使われます。オンライン金融サービスをもっと使いやすくしたり、簡単に顔で決済ができたり、迷子になった家族を探し出すこともできます。また広告やサービスの「パーソナライズ」にも貢献するはずです。

顔認証のテクノロジーは、最先端の人工知能のテクノロジーの結晶であり、新しいサービスの源泉でもあり、そして米国と中国という大国同士がぶつかり合う「巨大な交差点」になっているのです。
NewsPicksによる新たな表現形態です。池田新編集長のナビゲートによる、中国テクノロジー界の深淵への探訪をお楽しみください。

本日から2週間に渡るキャンペーン特集では、さまざまな動画、テキスト、ビジュアル表現を駆使して中国の最先端のテクノロジーの核心を紹介しています。次回の映像(27日予定)は、今回の顔認識のテーマから、よりそのテクノロジーの源流へと遡っていきます。

ぜひ、ご覧いただければ幸いです。
編集長自らのレポート、いいですね。
先日、顔認証で自動改札みたいに登校する深圳の学校の動画を見たばかりだったので、面白かったです!
スマホをそもそも持ち歩くのも面倒ですし、なくすと大変なので顔一つで「ペイ」できたり、色んなものがレスになるのは助かります!

しかし、顔認証認識の、ポイントにより、受けられるサービスが変わる社会、さらに、顔認証のいいね(?)いい人(?)ポイントの買収なんかもそのうち起きてきそうですね。
(Netflix "ブラックミラー"の「ランク社会」ぜひ観て下さい)

プライバシーの侵害、格差、窮屈さに何とも言えない気持ちもありつつ、危ない運転や人に危害が及ぶ行動はチェックしたい気持ちも…。
先日友達の子供が本読みながら歩いている人とぶつかり線路に転落、電車一本かげに隠れて過ごし、自分でホームによじ登った事件があったので。

もちろん、上記想像によるポイントの買収や改ざんが行われりようになると色んな意味での格差も広がり…別の問題も。
現地レポート系は映像だと大変理解が深まります。とてもおもしろく拝見しました。

上海でも街中でカメラを探すと本当に至るところに見つかります。駐禁などすると顔が自動で特定されてSMSが届き罰金支払いもSMSで完結する、なんて話も聞くので、それだけでも日本の感覚からすると驚きですが、最先端の世界はずっと先を行っているのですね。

中国の社会主義はITの世界とは遠いと思われていたのも昔の話。データセットと技術の勝負になってくると、市場原理で競争とか監視社会だとか言わせる間も無いので、ものすごい速さで進みますね。

日本では、プライバシーへの懸念、監視社会的なあり方への感情的な反発、関係プレイヤーが一枚岩になれない等々の事情によりなかなか進まなそうですが、最近頻発している容疑者逃走事件などを見ていると、こういったテクノロジーを全面活用した方が安心だなぁと思ったりします。様々なトレードオフはあるのでしょうけれど・・・
写真付きのニュースで中国の顔認証について見ることは多いが、動画になるとまた臨場感が湧いて面白い。
動画の中でもHuaweiに続いてアメリカの輸出禁止リストに載る可能性が言及されている。認証をするためにも、サーバー・半導体が必要。大部分のサーバー用半導体はIntelや中国以外のメモリ系企業、あとは学習用であればNvidiaとかが作っていると思う。もしくは自社設計のものがあっても、製造自体はTSMCなどのファンドリー。そこが抑えられると、半導体を国内で製造できるようになるまで進化が止まるリスクも持っているということ。
NPの新たな取り組み。動画+コメントの形態で、動画がスクロールしないフォーマットはよいですね。ただ、隙間で見るには6分は少し長い感じがします。
中国の店舗のIT化を手掛けるベンチャーのプレゼンで、顧客情報は「自社の会員アカウント、SNSアカウント、顔情報」の3つをひも付けることが大切、と言っていたのがとても印象的。この3つがひも付けばそれをキーにあらゆる情報が繋がる社会になっていってます
中国では新幹線(高鐵)に乗る際、もう一度顔認識される。
チケットかIDカードを出し、顔認識と一致したら乗れる。
荷物に検査もものすごく厳しく
これで中国の新幹線の安全を保障される。
不便も感じるが、安全は確か。
13億人の顔情報をクラウドに格納できる環境が中国にはあります。それを民間企業も活用できる。

それはプライバシーの破壊になるのか、利便性の提供になるのか。悪いことができないので、善良な社会になるかもしれない。行きすぎると、コンピュータに操られる社会にもなる。

今世界的な潮流は、いろいろな場面で厳密な本人確認が要求される統制社会に移行しているようです。
渾身の特集がスタートします。企画の段階からみんなの思いや姿勢を近くでみてきてたのでクオリティに感動してる。特集タブのUI変更もチャレンジ。動画×ジャーナリズム、NewsPicksとしての新しい表現への挑戦。仲間として誇らしい
この連載について
世界最大のテクノロジー大国になろうとする中国。その牽引役となっている「トップ1%」の頭脳集団に迫るため、NewsPicksのドキュメンタリー制作班は北京に飛んだ。14億人の頭脳ヒエラルキーの頂点に君臨する、清華大学とそのエコシステム、最先端のサービスを描き出す。