新着Pick
143Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
名刺管理ツールのSansanは、日本のSaaS (Software as a Service)を代表するスタートアップと評価されています。

このため、「Sansanの上場が成功するかどうかが、後続の日本のSaaSスタートアップの命運を左右する」とも言われています。

先日、Newpicksで特集されたDCMの本多さんが今朝のBloombergでインタビューに答えており、国際的にも注目が集まっています:

https://www.bloomberg.com/news/videos/2019-06-19/dcm-capital-very-excited-about-japan-business-card-unicorn-sansan-video
sansan、公開価格4500円、初値4760円、そして終値5460円と、高値引けでした。良かったですね。
Mcap1640億円。

赤字ですがクライアント獲得の為に広告費を大量投下し、顧客獲得数、単価が伸長しており、
広告費をコントロールすれば黒字になるのが分かっているので、事業モデルは見やすいと思います。

名刺というレガシーな資産をデジタルに替え、
更にネットワーク構築させた素晴らしいビジネスモデルです。
海外展開もイケてるので、まだ伸びるでしょう。私もプレミア会員です。
今日の市場の地合いが良かったのが幸いしていたようですね。NPでも、VCの株式保有比率が高いとか、募集よりも売出しが多いとかということで、ネガティブな評価が多かったですが、仕事をしながら付けていた日経CNBCでも同じようなコメントがありましたが、初値は10%程度UPで寄り付きました。
私は、従前より名刺管理が杜撰なので、これを機会にきちんと管理をしようかと反省をしております。
公募割れしないでよかったです!
赤字SaaS銘柄としてはトップラインの成長率が生命線になるので、機関投資家の期待に応えるべく毎期50%成長を目指していただきたい。