新着Pick
942Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「Libra」(リブラ)でFacebook独自の決済手段を手に入れる、というニュースに見えます。今のままでは正直なところ、Apple Payよりも影響力が持てるか微妙だと思いました。

ブロックチェーンを使うと言っても基本的にはFacebookが立てるリブラアソシエーションが管理するためさほど意味をなしませんし、既存の貨幣価値を担保とする点でビットコインのような独自の価値を帯びることもなさそうです。

ただし既存の貨幣価値となんらかのタイミングで切り離されたとき、Facebookが独自の価値の流通を伴うオンラインレイヤーの国家のような存在になるかもしれないと思うとワクワクもします。そのリスクをとるべきかどうか、取れるのかどうかは疑問ではありますが。
今の段階で批判をする部分がないのではと思える程、充実した資料。

・オープンソースでGithubで公開されたブロックチェーン
・複数通貨に価値を裏打ちされたステーブルコイン
・BFT対応のアルゴリズム(HotSruffが基盤)
・専用言語MOVEを開発
・スマートコントラクト実装可能
・VirtualMachineも搭載
・専用ウォレットの開発、2020年提供開始
・Libraの運営はFacebookとは独立したスイス登記のエンティティで実現

ノードの参画には10億円相当が必要で、ある程度社会的に安心してサステナブルに事業を続けられる企業を選別できる仕組みになっていることも面白いですね。

参画企業)
ビザ、マスターカード、Paypal、Stripe、PayU、ebay、MercadoLibre、Farfetch、Uber、Lyft、Spotify、Booking Holdings、Vodafone、iliad、Kiva、Mercy Corps、Women’s World Banking、Facebook/Calibra、Coinbase、Xapo、Anchorage、BisonTrails、Andreessen Horowitz、Union Square Ventures、Creative Destruction Lab、Thrive Capital、Ribbit Capital、

参画企業群のラインナップを眺めながら今後どのようなインフラサービスになるのか、想像してみるのも面白いと思います。

ゲームチェンジャーとなるか、はたして!?

参考)
Libra:https://libra.org/ja-JP/
Calibra:https://calibra.com/
Binance Researchによる解説:https://info.binance.com/en/research/marketresearch/libra.html
ビットコイン等のパブリックな発想のものとは全く別路線ではあるものの、どこかが主導権をもつ仮想通貨としたら、ここまでユーザーが安易に想像できるユースケースが広範に、沢山ある経済圏はないでしょう。
日本語での発表もあったのが意外ながら嬉しく。これはラブコール?
ついに出ましたね。これまでの仮想通貨とは別世界かもしれません。例えば、1)潜在的なユーザーベースが推計20億人程度と巨大、2) 参加企業がフィンテック系だけでなく実業である、3) 国際的なネットワークである、4) 単一通貨ではなくバスケットに連動するため、ステーブルコインの中でも特にステーブル、5)独自の言語MOVEでプログラムしているので恐らく若干ハッキングのハードルも高い、という点が画期的。

今後はリブラの参加企業がリブラをどう活用するのか、フェイスブックユーザーがどの程度リブラを使うか (使ってもらうために参加企業がどんなインセンティブを与えるのか) などが興味深いです。
これに対してNewsPicksが独自通過「Zebra」を公開!なんてことにはならないですかね。
もしかすると世界が変わるかも知れません。ビザやマスターカード、決済サービスのペイパル、オンライン宿泊予約のブッキングドットコム、配車サービスのウーバー・テクノロジーズ、英通信大手ボーダフォン‥。参加する面々がすごすぎます。朝日新聞は一面トップで報じています。
プラットフォームが完全に主導権を握り、それとどう向き合うかに腐心する、というのがレガシーメディアの姿でした。それと同じ立場に、銀行や金融機関が置かれるのかも知れません。決済ビジネスの戦国時代に、圧倒的な最強軍団がやって来たという感じです。
ホワイトペーパーもざっと見て、以下がキーポイントだと思った。
・問題意識としては金融へのアクセス(金融包摂、Financial Inclusion)で、先進国より新興国を意識しているように見える(新興国向けのFacebook Liteなどとも繋がる問題意識)
・ステーブルコインという裏づけ資産があるデジタル通貨。ただ裏付けは複数通貨のバスケット
・ブロックチェーンは、オープン型(ビットコインのように誰でもアクセスできる)ではなく条件を満たした参加者だけがアクセスできるパーミッション型(コンソーシアム型)。将来的にはオープン型にしたい意向は示している

個人的には、新興国はともかく、どういう導線があるとFacebookで決済をしたくなるかというのが見えていない。行動は習慣だし、Facebookでの日常的な行動は明示的にユーザーの送金・受取に紐付くものは少ない。サービスとして使われている≠そこでユーザーが全ての行動をする。逆に言うとそこの整備がキー。
新興国では、情報インフラ全部を担いにいく(金融も情報の一種)という観点では、ありうるかもしれない。

ただ個人情報関連の外部環境リスクが一層高まっている中で、お金というのは極めてデリケートで、シリアスな扱いが必要。リスクをとらずに新しいサービスは生まれないものではあるが、Facebookへの昨今の評価も含めて考慮すると、リスクを良くも悪くも高める方向の新サービスだとは思う。

株価は+2.6%でスタートしたが、今は+1%ほど。指数がS&Pで+1.1%、NASDAQは+1.7%上昇している中では劣後している。
Facebookの新仮想通貨「リブラ」人によって反応が大きく違って面白い。後で詳しく僕の意見はまとめますね。第一印象は仮想通貨というよりも新しいスマートコントラクトプラットフォーム。仕組みはイーサリアムより新しいけど、Cosmosとかみたいな新しい世代のような斬新さはない。かなり保守的。一番重要なのはトークンやPFというより、WhatsAppやメッセンジャーがウォレットになるということ。ユーザー数が飛躍的に増える。しかもユーザーはブロックチェーンだということを意識せずに。dappsのプラットホームとしては大きな可能性があると感じた。後、リブラは初期アメリカ以外の国でスタートになると思う。法的整理が多少時間かかりそう。他の国にとっては大きなチャンス。まだ詳しく読み込んでないので、後で意見は変わるかもですが、初見の感想です!

追記
軋轢を恐れずにイノベーションに邁進するスピード感と度胸は伝統的な大企業には真似はできないところ

米下院金融サービス委員会の委員長、民主党のマキシン・ウォーターズ議員はフェイスブックに対して仮想通貨の開発を中断するように要求した。
https://jp.cointelegraph.com/news/chair-of-house-financial-services-committee-requests-halt-on-facebooks-crypto-project
参画企業をみると、ある意味US$を各国の中央銀行に干渉を受けないステイタスで国際通貨化していくのにに近いのかもしれない。

Facebook自体もあくまで参画企業の一社という立ち位置のとり方に、まずは普及自体が何よりの目的という強い意志を感じる。
Libraとは古代ローマ時代の計量単位(0.34kg)とのこと。FB通貨、みんな使うのかなあ。
Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
59.2 兆円

業績