新着Pick
855Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
祖父母が孫にお年玉をあげる時「年金もらってるからあげるね」と言ってニコニコしていた。
その原資はうちら世代、ついでにいうとその孫が背負う将来の借金で出来てるのですが、、、と心の中で無言のツッコミをしたことを覚えています。
完全に自分がずっと積み立ててきたつもりなんだろうなぁと思いました。
年金はどんな仕組みで運用しようが、基本的には社会資本をどれだけの割合で切り崩して老人に『喜捨』するかってのが本質(個人的見解)なので、その存在自体が社会の『良心』と言えます。

だから社会に喜捨するゆとりがなければ良心たる年金もちょびっとになるのは当たり前のお話ではないでしょうか。
「財源を固定して保険料の負担と年金の給付の長期的なバランスを取る仕組みが導入された」

なんで実質的に給付を減らすということをはっきり書かないんだろう。しかも減額は当初の想定通りにできていない状況です。

所得代替率の話にもあんまり触れてないし。年金が、現役の所得のどれぐらいの水準かという目安ですが、いま6割ちょっとで、これを5割まで下げるのが基本線です。5割は守ることになっていますが、でもこれも経済の水準次第で確約できるものではなく微妙です。なんとしても5割確保をめざすなら、新たな保険料の引き上げもあるかもしれません。

ただ、だからと言って「払わないほうが得」という話にはならないんじゃないかと。もし制度が破綻して作り替えられるとしても、それは払っていた人にとって厳しく、かつ払っていなかった人にはさらに厳しいものになるのではないかと思います。
分かりやすくまとまっていますね。年金について、少子高齢化が進み現役世代の負担増、制度崩壊が叫ばれてますが、まず若年層からこうした仕組みをしっかり理解し、今後どうすべきかを現役世代としても考えていくことが重要ですね。
この記事では触れていないが

1. 財源に応じて年金の支給額を自動調整する仕組みは働いておらず団塊世代老人達は9兆円多く給付を受け取っている

社会保障予算どう管理するか 年金過剰給付の是正 急げ
https://www.rieti.go.jp/jp/papers/contribution/nakata/03.html

2. 政府が抱える年金の債務額は2009年の時点で800兆円

今の高齢者は6分の1しか年金を払っていない https://www.minnanokaigo.com/news/special/watarusuzuki1/

3. 賦課方式の年金はネズミ講なのでいつか必ず破綻する

ネズミ講の年金制度 国家による詐欺は許されるのか
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/1842