新着Pick
299Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本経済と関係の深いタイの政治情勢についてまとめました。3月の総選挙と6月の軍政続投確定に至るまでに加えて、長らく続いたタクシン派VS反タクシン派の構造、経済への影響を分析しています。

タイは日本人に親しみがあり、東南アジアの代表格のような国ですが、他国とは何かと違うところが多い不思議な国です。その不思議さを政治経済の視点から書きました。
タイで続く混迷の原因は、タイ経済の構造にあります。タクシン元首相派が選挙でいつも勝つのは、北部の農村で絶大な支持があるからです。多くの人口を抱える農村は、政府からの開発が不十分であるため取り残されているという不満が大きいです。タクシン派だけが、農村のために安価な医療や産業振興、インフラを供給してくれたということで、非常に根強い支持があります。
 今回の総選挙後、タクシン派は新未来党と連合し、新未来党のタナトーン党首を首相候補に担ぎました。タナトーン氏は、タイの新興企業の中でも目覚ましい成長を遂げた自動車部品製造のサミット社の経営者として名高い人物です。元々ソフトバンクのような携帯電話サービス会社で農村の開発を旗印にするタクシン派と都市部新興企業を代表する新未来党が組んだといえます。なお、タクシン氏もタナトーン氏も華人です。
 タイ経済の構造的問題というのは、タクシン派+新興企業連合と対立する側にあります。対立側というのは王室+軍部+政府系大企業といった枠組みですが、彼らの経済的基盤は、外資の導入による製造業にあります。タイは、東南アジアで日本企業が最も多数進出している国ですが、自動車をはじめとする製造業が多数を占めます。タイは、それら外資系製造業にとって、組み立て+発送の拠点といえます。外国企業が資本財と中間財を輸入している、王政+軍部+政府系大企業は場所を貸して収益を得ています。タイ経済の特徴の一つに地場企業の成長が弱いことがあります。外資製造業に依存しているがゆえに、タイの通貨バーツと国際的な需要減に対する脆弱さがあります。そのため、GDP成長率が時々ガクンと落ち込みます。
 タイ経済全体のためには、外国企業への場所貸しだけではなく、新興企業が知識集約型社会型産業を主導するとともに農村を重点に教育と社会保障を充実して国民所得を急増させるべきです。しかし、政府系大企業と連なる勢力の利権へのこだわりが強すぎ、混迷が解けません。
タイ人の友人と話していても、あまり政治に期待をしていないですね。

もちろん、ビジネス上でどの政権が有利か、についてはかなり気にしているのですが、「国を良くしていくためにどうするか」という観点では声は聞こえず、それが成長率3%台に留まっている要因の一つだったりするのだと思っています。

上座部仏教の利己的な部分が出ているのかとも思いましたが、複合的な要因ではあると思うのでなんとも言えず。

現地でビジネスをするものとしては、安定しており経済に強い政権が、中進国の罠を抜け出すべくリードして欲しいと思っているのですが、まだまだ先は見えない状況です。
【国際】これ、わかりやすい。できればインドネシアとか他の東南アジア諸国や中東諸国のものも作ってほしい。
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。