新着Pick
166Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
まわりの空気に敏感な社会である日本においては、義務付けを推進するのは悪くないと思います。なんせ、外圧で変化するのが得意ですから(笑)
休めばいいのに…というといつも「休める人はね」と言えるので、その文化自体が変わらないと"十分じゃない"と回答する一定層はなくならそうですね。
ちなみに日本はかなり"休んで"ます。祝日がこんなに多い国はないです。あとは休み方なのでしょう。
義務付けらなければ休めない。

残念な状況ですね。有給休暇を取りづらいという考え方も環境も、いい加減に変えましょう。

自律的な働き方が重要と言っている一方で、法令で義務付けられないと変わらないという現実。
日本人の集団的特性として、周りの目が気になる人が多いのはもうどうしようもない。

前職で人的資源管理のGMをやっていた実感として、もっとも効果があった方策は一斉休暇取得と、一斉定時日の2つ。

人間は、まず行動が変わらないと意識が変わらない。

ある程度強制的に休暇取得を増やさなければ、全体のムーブメントにならない。

過渡期であることを考慮して、さらに強制力を持たせるようにした方が良いと思います。

自発的に動けないから今の状態になっているわけだから、多少荒療治でもそうするしかないでしょう。
休日が足りてるか足りていないか、は聞かれたのが月曜か金曜かでも違う答えになりそうだし、個人も組織も価値観次第で、そのマッチングが大事だと思う。

だから、国が決めなくてもいいかなぁと
年に有給を5日、というのはどう考えても少ない。5日を義務付けとなると5日だけで取れば大丈夫と思う人が出て来る気がします。
「義務付け」したことが大きな前進だと思っています。

それまでは、従業員が有給休暇を申請しなければ、有給休暇は消化されずに消えていきました。

今般「義務化」したことにより、5日取得させないと違法ということになります。
企業側と従業員双方が嫌でも取得しなければなりません。

日数については、中堅中小企業のように人ぐりが厳しいところもあるので、一気に取得可能日数を義務化することは困難だと思います。

働き方改革が浸透してくれば、徐々に日数を伸ばしていけばいいのではないでしょうか?
立命館アジア太平洋大学の学長をされている”教養の塊”出口さんがおっしゃっています。教養を豊かにしてくれるのは「本・人・旅」だと。

思う存分多くの本をたっぷり時間をかけて読んだり、普段出会わない人との出会いだったり、刺激を求める旅をしたり。こういった時間を取るためには2週間や3週間といった、まとまった休みが必要です。

経済対策なのか、日本にはやたらと祝日が多いですが、ちょこちょこ休んだって、まともな休息にもならないし旅もできないし、ましてや大した経済対策にもならないでしょう。

義務付けといったカタチから入ることは何にしたって私は大事なことだと思っていますが、なによりまずは上司から有給休暇はすべて使い切るという手本を示してほしいところです。
祝日多い日本はお上にお休みも決めてもらったほうが休みやすいのは事実。このゴールデンウィークの10連休もいい試行で、休みを必ず取る、取らせる方向には進めやすくなってるのではないかと思う。お上前提ですけど。
あまり批判ばかりしても建設的でないと思います。日本の状況を考慮して、まずは上司からしっかり有給を取って職場の雰囲気が変わっていくことを期待したいですね。