新着Pick
201Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
『EVを安く作る力がないトヨタ』はミスリード過ぎ。

EVを安く作るなんて誰もできていない。
誰も儲かってない。

それでもEVのみで事業継続できてる会社は、もはや新興宗教と同じビジネス構造と言っても良い。
利益度外視で事業継続できてる環境があるだけ。
相変わらず日本のメディアは、タイトルがゴシップ誌的ですね。

正しい主旨は、こんな感じだと思います。

1.EVを安くつくることは誰もできない(トヨタですら)
2.それに対して、すでに大きな危機感を企業として共有できている
3.また、解決するための道筋も見定めて、すでに行動を起こしている

記事のタイトルと比較して、いかに違うかがわかりますよね。
これだけポジティブな内容でも、メディアにかかると、これだけネガティブな書き方もできるという良い(悪い)事例だとも言えます。
EVなど環境車を安くつくることに成功しているメーカーは世界中でひとつもない。市場が成立しているところは政府のインセンティブ(補助金)によるところがほとんど。

日本でもハイブリッドですら一台数十万円の政府の補助金がでている。
FCEVは100万を超える。

トヨタの問題は、インドや東南アジアなど新興国向けの安いガソリン車が作れないためダイハツやスズキに(協業や提携という形で)丸投げしてしまっていることと、儲からない商用用途車(本当の働くクルマ)の開発や販売を世界中であっさりと諦めてしまっていること。

遠い将来の夢や構造改革に果敢に挑戦しているトヨタは尊敬すべきであるが、旧来型ビジネスはまだまだ攻めなければいけないところがあるのではないか。整理&ケチケチ路線に入っているとしか見えない。

どこかでしっぺ返しがこないか…
クリック稼ぎのために変なタイトル付けるのやめて欲しいね。普及価格帯のEVはどの会社も作れていないのが現実。トヨタはEVで遅れてるとか勝手なことをメディアでは書かれているが、2-3万ドル台で販売して利益が確保でき、かつトヨタが納得する品質のEVが作れていない、ってのが事実です。販売価格がいくらでもいいならEVぐらい簡単に作れますよ。

トヨタ(+デンソー)はハイブリッドであまりにも技術的にもコストでも先行し、今でも他社が全く追随出来ておらず、結果的にハイブリッドの市場がそれほど拡大しなかったことを反省している。だからこそEVでは仲間作りが大事だと考えている
仲間を増やし、標準電池を作り、外販してデファクトになれば、市販乾電池のように共通モジュール化して、クルマの競争力要素から電池を外せますね。しかも、そういう状況になれば、交換式にして、充電制約・航続距離制約というEVの欠点を一気に解消できます。

これができそうなのは、元々モジュール化MQBに熱心なVWかトヨタでしょう✨

そうなった場合のクルマの競争力は、モーター、デザイン、電費、軽量化などが比較軸になるのでしょうね。

CASEのその他の3つは、似たり寄ったりでしょうし、外部モジュールも柔軟に取り込めます♪
EVを安く作るかどうか以上の懸念は、更に先にあるCASEという戦略が経営の中枢を担うレベルまで進化するかどうかだ。

今までの車作りメーカーとしての経営体力は充分にある。
あとは車を買わない世代の台頭と、車を所有することに対する社会的価値の変化に対応することが先だと思う。

今の延長線に未来はないが、EVだけがトヨタや自動車メーカーの経営課題ではないでしょう。
売上高30兆円を越えて尚、危機感を募らせるトヨタの豊田章男社長。EV普及へのロードマップの命題は「仲間づくり」でした。トヨタが描く「CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)」に注目しています。
見出しへの突っ込みはすでにされているので…
「売れる原価」=内燃と比較しても競争力がある価格で買えるようにするために、他社含めて連携しているのが現状。そして、それがトヨタだけでなく、世界中で起こっている。
GM・ホンダ(①)もそうだし、VW・Fordもそう(②)。一方で自動運転を巡る提携などを見ても、一度手をつないだ後にまた離したりもある。しばらく陣営固めが続くだろう。
https://newspicks.com/news/3084948
https://newspicks.com/news/3973876
多くの人がコメントしてるけど、ひで〜見出しw
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
22.0 兆円

業績

NKKスイッチズ株式会社(英名: NKK SWITCHES CO., LTD.)は、産業機器用の操作スイッチ専業の製造会社。特にトグルスイッチで世界的に高いシェアを持つ。1995年のエレクトロニック・バイヤーズ・ニュース(EBN誌)にて、スイッチ部門で世界のトップ5に選ばれている。 ウィキペディア
時価総額
29.6 億円

業績

ダイハツ工業株式会社(ダイハツこうぎょう、英語:Daihatsu Motor Co., Ltd.)は、日本の自動車メーカーである。本社は大阪府池田市。東証1部などに上場されているトヨタ自動車の完全子会社でトヨタグループ16社のうちのひとつで、昭和41年までは鉄道車輌用の原動機、変速機および駆動装置も製造していた。 ウィキペディア

業績

日野自動車株式会社(ひのじどうしゃ、英語: Hino Motors, Ltd.)は、主にトラック・バスといった商用車を製造する日本の自動車メーカーである。通称「日野」、ローマ字表記は「HINO」。トヨタ自動車の連結子会社でトヨタグループ16社のうちの一つ。 ウィキペディア
時価総額
4,367 億円

業績