新着Pick

Yahoo!スコアで議論白熱、信用スコアはユーザー行動を「ハイスコア取るゲーム化」させ、歪める懸念も

弁護士ドットコムニュース|話題の出来事を弁護士が法的観点からわかりやすく解説するニュースコンテンツ
336Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
一般に信用スコアと言われる時、「信用」は金融業界用語であるCredit、つまり「遅滞なくお金を払うかどうか」を指す純粋に経済的なものです。社会的信用とは関係ありません。

日本でもJICC(日本信用情報機構)がクレジットやローンの返済情報や利用残高を会員会社から集約しており、消費者の「返済能力」として新規クレジットやローンの審査に活用されています。

諸外国の所謂Credit scoreやCredit reportがJICCの信用情報と大きく異なる点は、より幅広い情報を集めていることに加えて、この情報が従業員採用その他様々な場面において活用されていることです。このため、「Credit scoreを育てる」ことがより重要になります。

もっとも、上記もあくまで「経済的」なものです。


これに対して、本記事のフォーラムではより幅広い意味での「社会的信用」に踏み込む議論のようです(芝麻信用はこの側面もある模様)。

「社会的信用」と「返済能力」は全く異なるものなので、どこまで踏み込んだ「信用」を構想するのかで影響は大きく変わります。

Black mirrorのSeason 3「Nosedive」は、この「社会的信用」が、人々によるリアルタイムの評価(「いいね」)を反映し、あらゆる場面で使われるようになった近未来を映し出しています。

Nosedive https://g.co/kgs/gYadMC
信用スコアというのは、これから先の時代に必須なものになるだろうと思うけれども、返済能力だけを対象とするのは反対の立場です。

例えば、僕みたいな何度もチャレンジして、何度も転んで、何度も立ちあがった人の返済スコアは一般に学生よりも低く評価されてしまうのです。

僕の周りには、チャレンジャーが多いから、実際にはそういう評価に人知れず苦しんでいる人がたくさんいることを知っています。

たとえば、普通のサラリーマンよりはるかに多い収入があっても「クレジットカードを持てない創業社長」は、サラリーマンの皆さんが思っているより多いのです。

例えば、そういうひとならば、信用スコアに「チャレンジ精神」という項目があったり「SNSのフォロワー/フォロー・レシオ」みたいな項目があったりしたら、きっと一元的に低い評価にはならないでしょう。

そして、どの項目に重点を置いて、サービス利用者を評価するのかを含めて、自由にその信用スコアを利用できたら面白いと思います。

つまり、信用スコアというのは、本来多元的な要素によって成り立っているものであって、決して、トータルスコアが良ければ、それで良いのかといえば、そうとは限らないということです。
「芝麻信用」は、学歴、預金高など、完全な個人情報が盛りだくさんで判断されています。

従って、中国以外のGDPR重視の国での、真似は不可能です。

「信用スコア」は、芝麻信用をみればわかるように、個人の情報との連携があったはじめて成立するものですから、日本では、その部分を解決しないかぎり「偏ったものさしで測った結果」となってしまうでしょう。
信頼スコアは時代の流れだと思うが、社会的論議、法的整備が間に合っていない段階での広告を収益とする企業の取り組みはどうかなと思ってしまう。とりあえずY!スコアの機能はオフにしました。
信用スコアはある程度はユーザーの行動を良い方向にもっていくインセンティブになると思いますが、ここにも書かれている通り、スコアに縛られた生き方になる可能性もありそれは息苦しく気味の悪い世界にもなりそうです。
信用スコアは負の側面もあるけれど、中国では信用スコアの浸透とともにデジタルによる既存ビジネスの変革がどんどん進み、世界の先端を突っ走ってる。キャッシュレスもそうだし、日本はどんどん取り残されていってるな。
> 今回注目を集めている「Yahoo!スコア」は「芝麻信用と似ている」という

全然違います。ユーザ側にデータオーナーシップがなく、スコアにチャレンジ(異議申し立て)する機会が与えられてないため
ヤフー株式会社(英称:Yahoo Japan Corporation)は、日本の企業。ソフトバンクグループの連結子会社。 ウィキペディア
時価総額
3.04 兆円

業績