新着Pick
282Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これ、海外の記事で、買取ベースの書店メインのお国の話だから、如何にも新鮮に感じるかもしれないけど。

そもそも、日本に約12,000店ある書店のほとんどは、消化仕入れ方式の販売方法を取っていて、再販価格維持制度のもと、本は委託販売でいつでも返品可で、在庫を持っているわけじゃないから、商流的として本質的には昔からこの方式なわけですよ。

なので、昔から(というか今も)本棚編集という文化は日本にはあって、なたの編集を出版社がやっていることもある。ショールーミングという言葉ができるまえから、本棚によるキュレーションはなされてきた。

もっとも、そういう手間をかけて、積極的にやっている書店がどんどん減っている気がするし、そもそも、書店はその名前から「お店」であって「媒体」であるという意識は、当の書店員さんにはないかもしれない。

しかし、日本は書店は「店舗」ではなく「媒体」であることは、流通として考えればそちらの方が本質なわけで、僕は2010年頃、ECサイトの媒体として書店を活用して、アフィリエイトの報酬を書店に還元する仕組みを持ったサイネージを作る会社を作って、営業をしていたんだけど…

うーん、あまり従来の書店ならびに書店には、あまり、聞き入れてもらえなかった。

ここで学んだ教訓は日本の企業は内圧に強く、外圧に弱い。
よって「黒船」にならないといけないのかな…。ということ。
興味深く拝読しました。
「販売業から不動産業への転機」というのは確かに。キュレーション力が大切になってくるというのも面白いと思いました。

1坪当たりの売上の上昇に注力できることで、これまで以上に地域性を把握する必要があると思います。そして、その流れは日本のコンビニやスーパーにも感じられるところ。

1年以上前にはなりますが、イオンの店舗は今後より地域のニーズに応えるものを目指すとしていましたし、昨今のコンビニの24時間営業の見直しなどもその一つだと感じます。
【イオンが脱・総合の新型スーパー 食品主体に200店】
https://newspicks.com/news/2774325