新着Pick
1013Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
至極真っ当な流れ。一方でこの流れが進んでいくと、働く人のメンタル問題が表出していく流れも伴うと思う。
「仕事は仕事」と割り切っていた人々が、急に変化に富み付加価値を求められる仕事をやらざるを得ない状況になる。これはストレスになる。病む人も出るだろう。

風が吹けば桶屋が儲かるではないが、そう行った先読みの上で張ることの重要性は言うまでもない。
さて、職を失う大量の人たちの暇つぶし手段を用意しないと
RPA+AI で定常業務がなくなっていくことに対して、定常業務についていた人が「クビになる」とか「いきなり高付加価値なことやれと言われてメンタルを病む」みたいに、ネガティブインパクトを挙げる人がコメントに多いところは、まさに日本的だなぁ、と正直思う。

多分、そういう人(仕事を失い、他の業務にシフト出来ない人)は普通にクビになるんでしょうね、実際。一方で面白いのは、RPAは世界でも他国を大きく引き離して日本が一番売れているという。まあ、それにはまた別途問題はあるのだが、それを置いておいたとしても、そんなネガティブインパクトを恐れるような風土の国の企業がRPAをガンガン導入したところで思ったような効果を得られるのだろうか?と思わざるを得ない。

もっと解雇規制を緩和し、労働市場を流動化させるとともに、新卒一括採用に依存した採用システムを排すとともに、専門職大学院を始めとしたリカレント教育の一般化を推進などがセットにならないと、RPAベンダーを儲けさせておしまいではないかと思う。
はい,RPA(Remotely Piloted Aircraft,つまり無人航空機)+AI にあると思います.
RPAIとありますが、本当にその通りですよね。ただ、生産性を上げて空いた時間でどのような付加価値業務を作る事ができるか。今のままだとただ時間が空くだけなのが多いので、これは導入後の経営として非常に大切だと思っています。
孫さんがRPAを語るとは!
いつもはAI群戦略でデジタル変革を熱く語る方も、日本企業の生産性の低さがそれだけ深刻と捉えているということでしょうか。

でも、スライドをよく見ると「RPA AI BPR」と3つ並んでいますね。
BPR抜きのRPAやりすぎは危険です。
これはホントにそうですよね。日本は人口減少しますからコスト面でもテクノロジーによる生産性の向上が必須ですし、トップライン面でも一人あたりの売上拡大(ロイヤリティ向上やファン化)を進めないとジワジワとマイナスになっていく。
フィナンシェではその生まれた余剰時間を豊かにするヒーローをたくさん生み出していきたい!なので、孫さんの意見にはほぼ同意なのだけど、ひとつ加えると省力化によって生まれる企業やごく一部の個人の莫大な富の再配分は必須。そうしないと空前の格差社会が生まれる。

日本の労働生産性はRPA(ロボットによるプロセス自動化)とAIで上がる。人間は(生まれた余剰時間で)創造性を発揮できるだろう。これが日本復活のシナリオだ
RPAとAIをフル活用しても、管間業務の効率化しか実現できないので、それほどインパクトはないような...まぁ、やって当然という範疇だと思います。

いつもの孫さんに比べると、ちょっと凡庸な印象だと感じるのは、私だけでしょうか?
業務削減で思い通りに進まないもっとも大きな課題は,’現在その業務を遂行している人の処遇である。人が残れば固定費となりメリットは無くなる。配置転換でもスキルセットの違いからミスマッチが起きてしまう。これらは、会社にとっても、授業員にとっても不幸な結果となるので、処遇を十分に検討して進める必要がある。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
8.88 兆円

業績