新着Pick

人生100年時代。30代の老後に必要な資産、現在とのギャップはいくら?

EL BORDE (エル・ボルデ) - デキるビジネスパーソンのためのWEBマガジン
308Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この記事のような考え方には違和感を感じます。

人生、いつ何があるかわかりませんが、最後まで元気に人生を楽しむためには、貯蓄や資産運用も大事ですが、自分の健康に留意して、元気で働ける身体と心をもつことではないでしょうか?

もちろん、それを可能とする社会インフラも大事ですが、高齢化で長寿命になるので、蓄えがないと...という考え方だけだと、ネガティブな印象を受けます。

特に30代、40代の方々は、まだまだ、そこで身体と心とスキルをつくることが可能なので、あまり、資産云々のことを考えるより、働ける状態を長く継続できることを考えるべきではないかと思います。
「資産寿命を延ばすために必要だと思うこと」に対して「共働きや副業で収入を増やす」と答えたのが、20代で40.5%、30代で38.0%となっていますが、40代以降は3割以下、60代以降にいたっては12%以下となっています。
ぜひこういった層にシェアリングエコノミーを普及させたいですね。
働くよりも自分が持っている内在的なスキルや経験を生かして空いている時間で収入を得られる人が幅広い層に拡大していくことで、経済効率のみならず、個人の資産形成対策の安心感にも貢献していければなと思います。