新着Pick
28Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
ウサインボルトが北京の決勝の前にチキンナゲットを食べていたのを私は知っている。
2016年のリオの出場国が207超え、選手出場人数も11238人。

1964年の東京では出場国93、選手出場選手数は5151人。

アスリートの『栄養学術』な見識も大事な反面、毎回オリンピックで幅を利かせているのが、マクドナルド。スポンサー関係含め、自身の競技を終えた選手の安堵の場?としても必要な様子です。

でも、東京での食堂『ジャパニーズ』は期待され、好評だと期待している。
こういった当時の体験や工夫がさっとネットで見れるのは便利。2020年のオリンピック、2025年の万博が基点となってダイバーシティ社会を快適に過ごす事ができるアイデアがたくさん生まれそうです。