新着Pick
257Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
記事中にも書かれていますが、簡単なところで、どれだけ実績を重ねても、難しいところでは、それは適用できません。

ただ、考え方として「簡単なところだけで運用すればいい」というのであれば、この数字は意味を持つと言えます。
自動運転車30台×1日平均4.5回×365日=49300回
なので、1台あたり1日平均4-5回利用されている計算ですね。

タクシーの1日利用回数は多くて50回ぐらいまで行くと聞いたことがあるので、もっと効率よく運用する方法をかんがえているのでは。

いずれにしても、経験値は高いですよね
自動運転は簡単なところから運用が始まるが、AIはあらゆる経験値を蓄積していくので、都市部での運用もそう難しい話ではない。サンプルさえ集まれば時間の問題。

難しいのは技術だはなく、規制の方。

特に日本では技術的にも可能だし、需要はあるのだが、法規制がボトルネック。

なので、技術者や研究者も最先端の分野に挑戦する意欲が湧きにくく、目先の利益の出るところにフォーカスしやすいのが問題。
乗ってみたい!
ラスベガスのように道路混雑度合いが低く、比較的安全に自動運転のテストが実施可能な地域でのテストだけではなかなか全ての地域での実用は難しいのだろう。

実用も比較的こういったハードルの低い地域から行い、並行して実用テストをより難易度の高い地域に移行という繰り返しで導入を、進めていくという形になるのだろうか?
時価総額
83.3 兆円

業績

Premiumを無料で体験
登録・ログイン