新着Pick
165Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
妻の評価は置いときますが、イクメンとか言ってドヤ顔してんじゃねーよ、というのが、サラリーマン歴30年・父親歴23年のワタシの率直な感想です。男性の育児なんて当たり前。授乳以外は全てできるはずで。愛情とヤル気の問題だと思います。
イクメンという言葉が嫌いです。ファザーリングもそう。なんかやってる風の雰囲気を出しているので。

男でワンオペしてる身としては、もう少し男性も関わればいいのにと思う。自分でコントロールしやすくスキルもある仕事の方を優先するのはわかるし、会社や職場も家事育児という家庭を優先することに眉をひそめる風情もわかるが、コンフォートゾーンから出る1つの選択肢が家事育児だ。

家事育児で仕事のスキルに活かせるし、逆に仕事のスキルを家事育児にもいかせるので、是非主体的に関わってほしい。
仕事をしながら育児のワンオペは、とてもとても厳しいと思います。

私もワンオペに近い状況を経験しましたが、娘が一人だったし、食事は外食やコンビニで済ませていました。

仕事プラス子供二人をワンオペ…ただただ尊敬するしかありません。
YES!!でもこれが4歳になると、どうにかなったりする。
育児って「手の数」不足で本当に大変な時期は数年間。
その間だけでも夫が「手」となってくれるかどうかで夫婦の信頼関係は変わってくる気が最近します。
「1歳の子どもをそばで遊ばせながら仕事をするなど「はっきり言って無理」」
これだけこぞって家事育児のワンオペを体験した人は大変だと言うけれど、たぶん本当に辛いのはやらないと理解してもらえないところで、記事内のようにトライする男性は実際はほぼ皆無なのだと思う。ワンオペの最大の敵は孤独なり。
環境や状況があるので色々な形があって良い。

選択肢が増えるのは良いこと。
あとはその時にどの選択を夫婦でするか。

我が家では子育てにおいても
状況の確認と議論をして、
役割を分担するように努力しています。

何が良いとかではなく、
家族が認め合い納得して日々人生を重ねていけば、
一個一個の事象で揉める事はない。
生物は概ね分業している。人間も本来はそう。やっと当事者同士で選択できるようになったのが今。僕は家事好きだし子供可愛すぎるし分業ってつまんないから嫌いなので当然やるっ
株式会社 カネカ(英称:Kaneka Corporation)は、大阪府大阪市北区中之島と東京都港区赤坂に本社を置く日本の化学メーカーである。 ウィキペディア
時価総額
2,672 億円

業績