新着Pick
100Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
手前で保険料が経費になって、先で解約返戻金が利益として課税される節税商品は、税金先送りのメリットがあるだけで、金利が低くて浮いた税金を運用してもたいした儲けにならない昨今の環境下、合理的に考えれば節税面ではそれほど飛びつくような商品ではないはずです。実際上、雨の日に備えて決算上の利益を先送りする、といった効果があるだけかもしれないな・・ (・・)ウーン
とはいえ、解約返戻金が戻って来る時点で何か大きな損失が出る事象があれば話は別。いまの利益にかかる税金を繰り延べて、先の損失で相殺して、税金を消すことができますから。その損失が「事業継承」によるものなら理屈が通るわけですが、保険の解約タイミングに合わせて都合よく事業承継絡みの業績悪化が起きる可能性はそれほど高くないでしょうから、合理的であろうがなかろうが、ともかく税金を払うのは嫌、という中小企業経営者の潜在意識に訴えかける商品であるように感じないでもありません。そうならば、国税庁が目くじらをたてるのは当然かも (@_@。フムフム
とはいえ、法人税も相続税も決して低くなく、政府の税金の使い方になんとなく不信感が広がる我が国で、税金を払いたくない中小企業経営者は多分無くならない。「その中で、過度に節税効果をうたったことで膨れた部分はなくなるでしょうが、マーケット自体が今後なくなるわけではありません」という自信。保険会社と国税庁のいたちごっこは続きそう (^^;
コメントの依頼がきましたが、立場上コメントできません。すみません。
やり過ぎると国税が待ったをかけますが、ニーズはあり、経営者や保険会社もあの手この手で考えるので次の商品が生まれてくるでしょうね。
事業承継ニーズは確かにありますけれども、保険会社さんの場合には、それをどのようにカタチにするかは、ある意味非常にわかりやすかった。

事業承継への対応が、必ずしも節税商品の活用だけで無くなってきているなかで、保険会社の方々は真のライフアドバイザーとして、どのような価値をお客様に提供できるかが、今後は試されるのかもしれません。
保険はなにか起こったときの備え。
事業承継においてなにか起こったときとは、経営者が予期せず亡くなったとき。
納税資金を用意するためなら理解できるが、本来、事業承継において保険と節税とは関係ない。
第一生命ホールディングス株式会社(だいいちせいめいホールディングス、英称:Dai-ichi Life Holdings, Inc. )は、日本の金融持株会社。2016年10月1日に第一生命保険グループが持株会社体制に移行し、第一生命保険株式会社から商号変更した。 ウィキペディア
時価総額
1.94 兆円

業績

株式会社セレクションは、千葉県を営業基盤とするスーパーマーケット「フーズマーケットセレクション」を運営する企業である。本社は千葉県市川市湊新田1-6-8。CGCグループに加盟している。 ウィキペディア