新着Pick
2179Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
分かっちゃいるけど難しい。それがプレゼン。

プレゼンで大切にしているのが、スムーズであること。改ページや起承転結などシナリオがしっかりしていないとスムーズにいかない。

笑いがあれば、スムーズさが更にイケてるようになりますな。しかし、無理やり設計したような笑いは、なんともぎこちなくイケてない。無理するくらいなら絶対笑いを求めない方がよい。

私の自戒。
プレゼンの目的は、相手に何らかのアクションを起こさせることにあり、人が動く動機は大きく分けて「強迫」と「共感」です。

「脅し」はまさに強迫であり、「意外性」と「笑い」は共感を引き出すのに役立ちますね。この中でも「笑い」は場によって変わるので準備が難しいですが、緊張と緩和を意識した組み立ては準備できますね。

とはいえ、実際に場数を重ねないとなかなか効果的なプレゼンにはならないので、日頃から発信する機会をつくることが大切だと思ってます。
プレゼンする以上は契約が取れる、取れないなんてことは気にせず、目の前の人をエンターテインしたいという気持ちだけで臨みますね。

もちろん取れた方がいいけど、それは結果に過ぎません。合う、合わないもあるでしょう。ご縁だと割り切っています。
>満員電車が好きな人はいますか?

特に面白くありませんが、きっと間のとり方が上手なのでしょうね。

私もよく笑いをとろうとして「すべり」ます。
そういう時は、
「ここ、笑いどころだったのですが…外したようですね」
と言うと、笑ってくれる優しい人たちがいます(*^^*)
プレゼンで笑いを取ることがOne of good factorsであることは理解できますが、笑いを重視することはどうなんだろう?
よく、プレゼンは、その事業や商品を売り込んでいながら、最終的に自分を売り込むことだと言われていますが、その意味では、笑いというよりも、フレンドリーなキャラクターを売り込むために、適度な笑いが生まれるプレゼンが良いというのはよく分かります。
笑いは1つの要素だから気にしすぎない。

プレゼンのメリハリですね。聴き手も話し手も気持ちが和むといいということ。音であったり、スライドのデザインであったり、手段はいろいろ。

ウケ狙いはかなり難しい。仕込んだネタでウケることはほぼない。気にしないで話して、意外なところでウケたらラッキーぐらいの気持ちでプレゼンすればいいですよ。

その人のキャラクターにも大きく依存しますしね。
緊張を解きほぐすために笑いを取りに行くことがあります。笑いを取るというより、クスッとさせることで緊張を緩和させるんですが。そんなときには隣の人とペアワークをしたりしてます。

満員電車のネタは面白いとも思わないけど、前後のコンテキストや、場の雰囲気とか、話し手と聞き手の関係性なんだろうなあと思ったりする。面白いと思って記事に載せたネタが、読み手に面白いと感じられないのは、講義やセミナーで笑いを取りに行って取れなかったような風情がある。
難しいものだ。
講演は大体90分。集中力を持続してもらうためにメリハリ、笑いは大事。
ボクの記事をPickいただきました!
プレゼンに笑いは効果的。
とはいえ、スベると致命傷になりかねません。
メカニズムを理解する意味でも、ぜひお読みください。
これら3つの要素は大切。

そしてそれらがプレゼンの根幹にキチンと組み込まれている事も大事(特に時間が制限されている場合)。