新着Pick
346Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
海外でアスリートに関わる立場として、一般の人にももっと運動を楽しいと思える文化を日本に広めたい。
体の奥の筋肉を使うにはむしろ小さい動きをゆっくりやる方がよかったりします。それでもじんわり汗をかいて気持ちいいです。

ちなみに記事にあるマウンテンクライマーの動きは、膝を同じ側の肘の外側に持ち上げるという斜めの動きをプラスすると、お腹の奥の腸腰筋などが使われてさらにじんわりきます。

「最も重要なのは楽しむこと」という最後のメッセージも素敵。そう、体を動かしてできないことができるようになったり、目に見える変化があったりするのはとても楽しいことですよね。
これは体感値ですが、ときどきドカンとがんばるよりは、小さい習慣や目標を毎日コツコツ達成していく方が、体への変化は大きいように思います。体って、毎日の生活習慣でできている感じです。
懸垂が入っていて嬉しくなりました。ジムだけでなく、サッカーの練習時にもゴール🥅のバーでやってます。

> 懸垂はアメリカ海兵隊では定番のトレーニング、ミスティ・ポージー(Misty Posey)少佐は、誰でもうまくできるようになると語った。

> 「懸垂に関して言えば、うまくできるようになるには、ただ懸垂をするしかないことをほとんどの人が知っている」と少佐は海兵隊の懸垂トレーニングガイドに記した。

> 「ただ、そこには難しい問題がある。懸垂ができない人は、どうやって懸垂の練習を行うのか? 解決策の1つは、重力と自分の体重を使い、鉄棒で垂直方向の上下運動を行うこと」
「最も重要なことは楽しむこと」
これが出来たら最強ですね。
習慣化出来ればと思うのですが、なかなか難しい。。
毎日の満員電車を楽しいトレーニングに活用したい。