新着Pick
84Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
5月に薄型テレビを購入した消費者のうち、2人に1人以上が4K/8K対応テレビを選んでいます。昨年12月には48%とギリギリ超えていませんでしたが、販売金額では8割に迫るほどの勢いでした。

テレビ購入者の2人に1人が「4K」、販売金額では8割に迫る
https://www.bcnretail.com/market/detail/20190124_102543.html

家電量販店のテレビコーナーで2Kテレビを探すのは、少し難しくなった印象があります。メーカーや小売店が少しずつ進めていた“4Kへのシフト作戦”が功を奏したのかもしれません。4Kテレビの単価は下がっており、買いやすくなっています。ただ、新4K衛星放送を視聴するには、アンテナや配線など、ハードルが多いようです。
現在リーチしているであろうユーザー層
・スポーツを高画質で観たいと考える層
・テレビを高頻度でみる40代以上の層

と仮定すると、テレビ離れが進む若年層へのリーチが大切だと考えています。

YouTubeやAbemaTVを4K/8Kで観ることのメリットが出てくると、一気に普及するのではないでしょうか?
4Kの衛星放送の普及はこれからで、地上波4Kも見通しがきかない。4Kテレビは配信が主役。改めてテレビ局がネットにどう向き合うか、だと思います。
音響機器のハイレゾ対応も同じですが、例えば、音質の良いヘッドホンを買うと、ハイレゾ対応になっているだけで、ハイレゾ音源を聴いている訳ではありません。

それと同じで、4k/8kテレビを買った人が4k/8k映像を見たいから購入している訳ではなく、10年間使う画質の良いテレビを選ぶと、自然と4k/8kテレビになっただけでしょう。アップコンバーターでHDTV画像も、4k化出来ますから、値段以外のマイナス面はありません。業界的には、4kで単価アップできるので、ブランドとして強いメーカーであればあるほど、4kシフトしていますしね。
思ったよりは高い率ですね。コンテンツ(制作費)が、付いていけるのか?
スマホ画面のパーソナル化と、高画質のリビングルームと、映像制作の立場から見ると二極化してますね。
単価が下がってきたので自然の流れだと思いますが、4Kへの動きの後は、液晶から有機ELへ、という動きの方が大きそう。まだ有機ELテレビはインチ単価も高いので手を出しづらいです。
ネットコンテンツを標準搭載してたりもしますが、その辺の連携がスマホライクにサクサクいくようになると嬉しいな。今はまだ何となくもっさり感があるので…
薄型じゃないテレビ市場ってあるのか?