新着Pick
29Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
プレスリリースはこちら。

体内リズムの発現に必要なDNAのスイッチを発見 -蛋白質をコードしないノンコーディング領域のDNA配列が活躍-
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2019/190612_1.html

論文はこちら
Non-coding cis-element of Period2 is essential for maintaining organismal circadian behaviour and body temperature rhythmicity(Period2のノンコーディングcisエレメントは成体の活動と体温の概日リズムの維持に必須である)
https://www.nature.com/articles/s41467-019-10532-2

これは「遺伝子はタンパク質をコードしているDNA領域」という定義を知らないと理解しにくいですね。

DNA配列のうち、タンパク質を作る情報が含まれているところを遺伝子と言います。DNA全体のうち遺伝子となる場所はヒトでは約2%ですが、最近では遺伝子以外のDNA配列もタンパク質を作る量を調節するなどの機能があることがわかりつつあります(この前のNHKスペシャルで「トレジャーDNA」と表現したものです)。

実際、ゲノム解析でも遺伝子以外のところで朝方/夜型に影響を与えている一塩基の個人差が見つかっているので、こういう成果が今後も出てくるだろうと思います。