新着Pick
732Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
オンラインストアが決済手段として取り込むというのがおもしろい。ユーザー体験としてはZOZOの買い替え割にちょっと近いかもしれません。

中古品の買取はメルカリ以前も様々なサービスがあったけれど、何だかんだで手間がかかるし適正価格を知ろうとすればさらに手間がかかるしで、腰が重くなりがちではないでしょうか。

でもネットで申し込みが完結して購入時の支払いに使えるとなると、何となくハードルが下がる感じがします。メルカリの方が高く売れるかもしれないけど、もう面倒だからこっちでいいかなぁ、という感じ。実際にZOZOの買い替え割を使っていてもそんな感覚になります。(もちろん買い替え割の方が手続きは簡単でしょうけど)

キャッチーさも含めておもしろいアプローチだと思いました。
佐藤さんの『お金2.0』にもあったように貨幣のあり方も変わっていくし、最近ではモノの株式化を目指す「モノカブ」みたいなサービス(StockXの日本版)が出てきて一物一価が壊れてくる中で、貨幣を通さない今後取引も可能になっていくのか。

要するに物々交換のアプリ化ということになりますね。Airbnbは民泊、Uberはヒッチハイクと、リアル世界にある行動はまだまだサービス・アプリとして面白い形でプロデュースできる余地があるということで、また新たな社会実験に要注目したいと思います
「今までであれば「不要なアイテムを売る」「換金する」「新しいアイテムを買う」といったステップを踏んでいたところを、「モノでモノを買う」ことができる。」
昔から買取サービスはあったし、今やメルカリ効果で不要なものをネットで売るというのはごく日常的な行動になっています。お金を介さない決済。興味深いです。
ついにリリース!
モノの換金ということでは、手間はかかるけどメルカリがある。売れても発送気を遣って面倒だし紙幣にするのにも手間がかかる。だからメルカリで遣ってしまう。

CASHのこのサービスだと同じように換金して別のサービスでも使えるので広がりある。
うまくいくかどうかは別ですが、アイディアは天才ですね。資本主義の世界では手間の削減と決済サイクルの短期化は充分マネタイズの理由になります
"モノ払いを導入することで、新たな決済手段を顧客に提供でき、売上金は通常通り受け取ることができるという"