新着Pick
405Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
「新しいアイデア」は存在せず、既存のアイデアとアイデア、または情報の組み合わせが新しいだけ。だとしたら、自分でリアルを見に足を運び、コンフォートゾーンをいかに脱して新しい地に身を置くかが重要だと考えます。

実際はコンフォートゾーンにいても、観点を変えると違うものが目に入ってきますね。同じ道を歩いていても、視点を上にするか、真ん中にするか、下にするかで入ってくる情報は違います。私自身はたまに、慣れた道でも後ろを振り返ってみたりしてます。
面白い記事でした!そもそもアイディア自体に価値はなく、いかにその解像度を高められるかが事業を成功させる要素だと思います。本を読んだり人に会うことで、自然と解像度を上げるための問いを繰り返すことができます。何事にも好奇心を持ち続け、本質的な問いを繰り返せる人が起業家には向いているのではないでしょうか。
ひらめき型、やり手の起業家が、どのように頭を高速で働かせ、行動しているのか。その仕組みを見事に説明してもらいました。そして、西村さんは、情報さえしっかり集めることができれば、普通の人でも起業家に勝つことができると断言します。

情報は徹底的に手間暇をかけて、もう新しい話はないところまで集める。その背後には、興味や好奇心が欠かせないですね。
西村さん登場!いつも煮詰まると西村さんの朝の時間をいただいて、一時間ほどお話しすると、次にすべきことが見えてくるという神様みたいな方です。

知的好奇心にあふれていて、とにかく楽しい!勝手ながら憧れのロールモデル的存在の一人です。
環境が変わった時に、一歩踏み出して変化に適応しようとする人が生き残る。

①環境を創る
②環境に適応する
③保留する

常にこの3つのオプションのうち、どれを使うか?
によって自分の仕事や成長の在り方が変わってくる。
イノベーションを起こすポイントの一つに問いの粒度があると思います。課題や問題そのものをどう捉えているか?でそれに対する考え方も大きく変わります。そもそもその課題は解決する意味があるものなのか?とか
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。