新着Pick
255Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
覇権を取れないと分かるや、早々に撤退する決断の速さに脱帽です。

「いままでこれだけつぎ込んできたのだから止められない」
などとサンクコストを理由に無意味な事業を続けている役所などは、是非とも見習っていただきたいです。
アマゾンの失敗例。失敗があるから成功が生まれる。レストランから届けるというサービスにアマゾンの物流ノウハウは機能しなかった。強みの活かせない分野だった。

マーチャント向け決済ソリューションを提供しているスクエアは、キャビアというフードデリバリー機能を拡充しています。ウーバーイーツやポストメイトなどとも提携して、マーチャントの商圏拡大に一役買っています。スクエアは強みを活かせた事例です。
時価総額100兆円規模の会社がリーンスタートアップ方式で新規事業への参入と撤退を繰り返していることが、すごいと思います。本のECとサーバホスティングとスマートスピーカーって全く関係ないのに各々伸びていて、その脇にはこういった新規事業を、まずはやってみて、勝てないと判断したらタイムリーに撤退するという迅速な意思決定の繰り替えしがあります。
鍛錬でできるようになることなのか、組織文化がそれを可能にさせているのか分かりませんが、これを他の大企業が真似れるようになるまではアマゾンの一人勝ちは続くでしょうね。
競争激化だけでなく、ビジネスモデルとして今後の伸び率と収益化が予想されるタイミングを考えると良い撤退だなと思います。それにしてもアマゾンは成功例と共に失敗例も非常に多く沢山チャレンジしているのがわかりますね。
米国でのフードデリバリーは、そもそも成立しない市場なので、この判断は適切です。

$10のものを配達してもらうのに、配送料で$5、チップで$3とかいう世界なので、どうしようもありません。

amazonは、競争よりも市場の可能性で判断したのだと思います。

いずれにしても「やってみる、ダメだったら即撤退する」という、この実行力と判断力がamazonの強みですね。
『Googleがフードデリバリーサービスを検索、地図、アシスタントに追加』
https://newspicks.com/news/3919655/

配達する会社や注文出来る店舗に拘りが無いなら、Googleみたいに複数のサービスをまとめてもらった方が便利なのかもしれない。
アマゾンと言えど全部は成功しない。新興マーケットには参入スピードが重要であることを意味しているね。
AlibabaのHemaも初めて店舗閉鎖があった。
オンラインとオフラインの統合は、ずっと言われているし、ジワジワ広がっていくとは思うが、やはり難しい。
https://newspicks.com/news/3958786
Amazonは、意外に撤退したことも多い。
大きなものでは、fire phone。

新規事業は、うまくいかない場合もありますって。
これは撤退と見るのは短絡的すぎます。
AmazonはUber Eatsの競合のデリバルーに出資しており、自社でやるのはやめて、運営はデリバルーに任せ、ネットワーク、プラットフォームをAmazonが提供というように考えているのかもしれませんね。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
97.0 兆円

業績