新着Pick
196Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「いつまで働くのか」ではなく「いつまで働きたいのか」

もちろん「いつまで働かされるのか」ではない。つまり自分次第です。

定年と退職がセットではないのは当たり前のこと。かつての60歳は、いまの80歳という感覚です。

55歳で役職定年、60歳で定年、そして再雇用で会社に残る。そんな企業のシステムに身を委ねる人生はやめましょう。

あと何年で定年だからなんて考えていると、どんどん衰えますよ。いくつになっても挑戦はできます。

人生はいつだって自分で創るもの。
死ぬまで組織に縛られて、定時に出社しなければならないと思うと、ゾッとする人が多いのではないでしょうか?

自宅でも、カフェでもできて、自由な時間に仕事ができるのが、定年後には最適です。

ところが、それがなかなかないですよね~。

そのようなプラットフォームをつくれば、大変な需要があると思うのですが。
スキルのある人材が少ないこともあり、いまだメジャーになっていません。
本来、定年は究極の年齢差別ですが、ほとんどの人に適用されているので、当たり前のように受け入れられています。選択肢が多様化しているので、いつまで働くかは自分次第で、働き方もフルタイムには限られません。

ただし、年齢を積み重ねるほどに経験から学んでいることが期待されるので、仕事が与えられるマインドでいると人手不足産業以外は仕事がくることはまずないです。
自分で価値のある仕事をつくれる人であれば、いつまでも社会から求められるので、働き続けることが可能です。
今後、この手の問い掛けは山程出てくるかと思いますが、「”私たち”はいつまで働くのか」と一定の答えが有るような表現ではなく、「”あなた”はいつまで働くのか」といった、人によって答えは違うんだと意識付ける表現の方が好ましいと感じます。

従来通り定年を迎える年齢で仕事から引退しても良いし、所属する会社でシニアとして働いても良いし、自由な裁量で働くために企業するのでも良いし、全部正解です。強いて言えば、「急にそんなこと言われても困る!」「なぜ働きたくないのに働かなくちゃいけないんだ」と言うのは避けたいところです。

自分の人生で大事なものは何かを見極め、それを実現できるキャリアを着実に構築する、それしか幸せな道は無い筈です。周りに流されるままでは何が有ってもおかしくない世の中かと思います。
日本の定年は、その年齢まで解雇してはならないという特殊な制度。終身雇用であるがゆえ、定年という一律の出口が要るのです。しかも、賃金は年功序列で設定されて、若い時は働きより安く、高齢になってから退職金や年金を含め働きより高く、定年まで通算して漸く辻褄が合う形です。従って、定年前に蓄えを作って自主的に引退することは難しく、定年後に働き続けることも難しい。
日本以外にも定年らしきものがある国はあるけれど、その歳になったら解雇補償金を払わなくて良いという程度の意味合いで、それ以前もそれ以降も雇用が流動化しているので、定年で皆が一斉に辞めるということがない。会社が自分を必要として自分も働く意欲があれば仕事を続けるし、会社にやるべき仕事が無くなったら補償金を貰って必要とされるところに転職し、その時々の働きに見合う給料を貰っているから納得した時に引退して老後を楽しむことも可能です。
政府が定年をいかにいじってみても、彼我の雇用制度に本質的な差がある限り、働く人が主体的に潮時を考えるのは難しく、“やらされ感”も抜けないんじゃないのかな (・・?
“働く”と”会社に所属する”は、別のことだと思います。
会社に所属しなくても、必要とされることを仕事として受注して働くことは、本来なら年齢は関係ないはずです。

今は、会社に所属しないと働けない人が大半なので、仕方なく会社に所属している人も多いのではないでしょうか?
そして日本には定年制が定着していて、その前提として終身雇用制度があるので、定年制で辞めさせられない限り、いくばくかの給料は貰えるので、結果的に、”会社に所属して働く”というパッケージになっています。

仮に70歳まで働くとして、この”会社に所属して働く”ことが幸せでしょうか?
その時必要とするお金が稼げれば、最低限働いて、人生の最後は好きなことをしたいと、私は個人的に思っています。

ただし、これを広く可能とするには、雇用者と労働者の関係が、より対等的でないと無理ですね。
今の日本の労働法令体系は、終身雇用制度と定年制を暗黙の前提にしているので、専門スキル→英語力とかがない限り、会社に所属しないで働くことは今の日本では、非常に不利です。
私らの世代は、年金もらえるのは70歳半ば過ぎてからでしょう。
多分、というか今の空気感だと貰えないかもですね。
今払っている年金は、親の老齢介護費用と思ってます。今の70歳後半から80歳位は、手厚く貰ってますから。それで何とか余生を生きてね。という事で、自分自身の老齢期は、どうするか?国を頼るのはとうにやめてます。一生働くのは当たり前。働かされるのではなく働く。なので私の場合は、音楽を創り続けて世界に打って出る。それでどうにか生きて行けるならそんなもんじゃないでしょうか?あとはやっぱり兎に角健康第一。
働くか退職するかのゼロイチではなくて、もっと労働市場への出入りが緩やかに、自由になっていくんじゃないでしょうか。仮に(これも時代でどうなるか分からんので)週5日×8時間の労働を100としたときに、年齢問わず、働き方を120にしてみたり、80にしてみたり、50にしてみたり、あるいは30×3にしてみたり、というやりくりをライフステージに応じて柔軟にやりくりする。何歳でどう、とかではないと思います。
働かざるもの食うべからず