新着Pick
197Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
州の権限が強い米国ならではとも言えるが、テックジャイアントをめぐる格差が社会問題化しており、多様な住民を抱える2大都市(ニューヨーク、カリフォルニア)も声を上げざるを得ないのだろう。

テック企業は盛んに地元の公園などのインフラ整備や無償のプログラミング教育などを行うことで批判をかわそうとしている。この件に落としどころはあるのか!?しばらく膠着状態が続くだろう。
着実に進んでいるように見えてた合併に思わぬ伏兵が、まだまだ不透明に

ニューヨーク州やカリフォルニア州など10州は、スプリントとTモバイルの合併計画を巡り、差し止めを求めて集団提訴した。
スプリントは単独では打ち手が限られるため、このまま行っても早晩3社体制になってしまうという気がしますが、こんな抗弁はしにくいですね。TMUSはこのままズルズル行っても失うものがないだけに、スプリントが孤立を深めそうです。新しい買い手を探すか、増資をして勝負に出るか、プランBやCへの切り替えが近づいている印象です。
3位のT-Mobileと4位のSprintの競争はなくなるものの、3位と4位がくっついて、1位のAT&Tや2位のVerizonとの真っ向から競争をやろうとしているのではないの?

3位と4位がくっついても、3位で変わりないくらい、1位と2位が強力だから。特にSprintは、くっつかないと厳しそう。

結果として、競争出来なくなるのでは?
こういったところが中国と一番違うことですね。政府がイエスと言えばすべてが進む共産党独裁の国ではありえません。
今から20年前と比べると信じられないほど力をつけた中国を見ると政府の力が強い方が経済の発展には良いようです。
それぞれの利害が絡んで決められない民主主義は何事もスピードが遅いですね。
アメリカに限らず、イギリスも、日本も何も進みません。
将来が心配です。
さすが、合衆国ですね。
州(県)が反対で提訴するということは、日本では考えられないですよね。
ある意味でとても健全ですね。
3社に集約すると確実に競争は低下します。
日の丸の国ではそれに国が散々介入せざるを得ないわけですから。
「競争の低下により、スプリントとTモバイルの加入者には年間45億ドル以上のコスト負担になる」とし、「スプリントとTモバイルの直接競争は価格引き下げやサービス向上、機能拡大につながってきた。合併が実現した場合、両社間の競争がなくなる」と指摘しているとのこと。
スプリント問題、時間がかかりすぎ。
意思決定者数≒意思決定スピード
時価総額
7.39 兆円

業績

ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
8.88 兆円

業績

スプリント・コーポレーション(英語: Sprint Corporation、ニューヨーク証券取引所: S)は、アメリカの加入者数第4位の携帯電話事業者。2015年6月末での加入者数は、5681万人。本社所在地は、カンザス州オーバーランドパーク。2013年7月に、ソフトバンク(現在のソフトバンクグループ)が216億ドルで買収し、78%の株式を取得。 ウィキペディア
時価総額
2.88 兆円

業績