新着Pick
2Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
沖縄本島と宮古島の間には公海の部分があり、「遼寧」を中心とした艦隊はこの公海部分を抜けたので、国際法上の問題がある訳ではありません。
しかし、同盟国ではない他国の空母打撃群が、領土の間を自由に行き来する状況は、日本の安全保障上問題です。さらに、地域の安全保障環境を考えると、日本が所在する西太平洋に新しい軍事力が展開することになり、米国の影響力が相対的に低下する可能性もあります。
日本は、同盟国として米国と相互補完的に地域の安全に寄与する立場にありますが、日本や米国が望む地域および国際情勢に反する状況が起こり、中国などと立場が異なった場合に、問題解決が難しくなる可能性があるのです。
現在、米国の圧力に苦しむ中国は、G20において米中首脳会談が行われる直前に、中国が西太平洋に空母打撃群を展開する能力があることを示し、米国をけん制したかったとも考えられます。米国との戦争は避けたいのです。
現段階では、中国は米国との戦争に勝利できないと考えていますが、中国はこの状況を甘受し続けるつもりはありません。中国は、すでに1980年前後に、鄧小平氏が「太平洋における発言権を獲得しなければならない」と号令をかけています。
中国は、自らの経済発展に有利なルールや秩序を構築しようとし、米国がそれを阻止しようとすると信じています。中国は、米国が武力行使することを阻止するため、軍事力を増強し、活動を拡大し続けるでしょう。
中国が構築しようとする「新型国際関係」や「公平な国際関係」がどのようなものなのか、未だ明らかにされていません。日本は、自由、人権、民主主義、自由貿易などが損なわれる可能性がある場合、米国やその他の同盟国とともにこれらの価値を守る必要があると思います。
株式会社フジ・メディア・ホールディングス(英語: FUJI MEDIA HOLDINGS, INC.)は、日本のメディア・コングロマリットであるフジサンケイグループの事業を統括する持株会社であり、日本で初めての認定放送持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
3,115 億円

業績