新着Pick
1323Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
江戸時代の「三井越後屋呉服店」を創業した三井高利に起源を持つ三井物産。その歴史をたどることは、日本の近現代産業史をたどることにもなります。今や、エネルギー事業、ヘルスケア、AIなど幅広く手掛ける三井物産とはいったい何者で、どこへ向かおうとしているのか。今回は江戸時代から今に続く三井物産の改革魂を軸に、インフォグラフィックで描きました。
三井物産の考え方
&CO.
三井と社員は対等であり、社員が未来を創る
三井物産がスポンサーのネイティブアドですね。ネイティブアドの可能性に期待する立場からも興味深く拝見しました。
それはともかくNHKの朝ドラ「あさが来た」を見ていて、私は改めて三井の誇りを思いました。三井十一家はわが古里の京都の歴史とともにあり、その伝統を守りながら明治維新を乗り切ってさらに発展してきた誇りです。三井系の人が三菱系を批評する時に感じる「私たちはあんな新興の成り上がりとは違う」という空気感をドラマは間接的にうまく描いていました。かつては、三井から見れば、三菱などは高知の田舎者が西南戦争をうまく利用して成り上がった、という感覚だったのだと思います。三井も住友も維新という激変の時代を読み解き、関西から東京へ、世界へと舞台を広げました。ちなみに私が好きな羊羹の「とらや」も維新政府の要請もあって京都から東京に出てきました。老舗はやはり深いです。
よくできたスライドストーリーだな。三井物産の歴史がよくわかった。色合いもカッコいい
資源偏重からの転換。手掛けるインダストリーの領域は幅広く、商社のデジタルトランスフォーメーションの潜在力は計り知れないでしょうね。IDEOと組んでいるのも興味深い。
ブラジルにはエース級の方が投入されていたように思いました。歴史的にかなりブラジルに入れ込んでいますね。南米では同社のいろんな方と知り合うことができました。
wiki
『商号の「三越」は、三井家の「三井」と創業時の「越後屋」からとったもので、1904年に「合名会社三井呉服店」から「株式会社三越呉服店」へ改称した際からのものである。』
三井物産が身近になる記事。
社史を辿るのって面白い。
今自分がやっている事が何世紀も後にどんな1行で書かれるだろうと考えるよいきっかけになる。
弊社の株主で自分も個人的にとてもよくして頂いている三井物産の創業から今後の方向性をまとめたわかりやすいインフォグラフィック。
脱資源系でヘルスケアやデジタルに凄まじい勢いで舵を切る巨大ビジネスクリエイターを理解しましょう。
佐藤可士和のロゴがカッコいい!
三井物産株式会社(みついぶっさん、英語: MITSUI & CO., LTD.)は、三井グループの大手総合商社。三井不動産、三井銀行(現・三井住友銀行)と並ぶ『三井新御三家』の一つ。通称は物産。 ウィキペディア
時価総額
4.26 兆円

業績